【分析】70代もまだまだ現役。ニッポンの「社長の年齢」全データ

2018/10/11
2018年度上期(4月~9月)、いわゆる「人手不足倒産」が76件発生し、前年同期比40.7%の大幅増となった。
これは、従業員の離職や、採用難等により収益が悪化したことなどが要因の倒産である。帝国データバンクの調査開始以降、半期ベースでいえば、最多の件数だ。
そうしたなか、何より「人手不足」の大きな課題となっているのが、中小企業を中心とした「後継者問題」だ。
そこで今回は、帝国データバンクの企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社収録)のデータから、全国の社長の生まれた年を分析し、2018年の社長の年齢分布(40歳以上)をグラフ化した。
果たして日本企業のトップは、何歳が最も多いのか。
団塊世代が日本経済を支える
百聞は一見にしかず、である。まずは、日本の社長たちの年齢を「見える化」したグラフを見てみよう。