新着Pick
317Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファミマはユニーを手放すことで、コンビニ事業に集中する。サークルKサンクスの店舗をファミマに切り替える作業を今秋完了することで、店舗数も一位のセブンに見劣りしない。ここからは、中身の勝負になってきます。最近のファミマはセブンの物真似をやめて面白くなってきているが、質という意味では商品開発、店舗オペレーションとも差があることは事実です。しかし、昨今のコンビニ業界全体の停滞感から考えると、決して埋まらない溝では無いと思います。経営がいかに独自に「質」にこだわっていけるかだと思います。
それ以上に注目は、ドンキがユニーをどのように扱っていくかが興味深いです。流通業界の数少ないイノベーターであるドンキがどう舵取りをしていくのかに、目が離せません。
驚いたのは「ユニーの売却後はファミマがドンキに20%出資することを検討」というくだり。ファミマの株主(伊藤忠含む)から見ると、間接保有しているユニー株ががドンキ株に変わる(株数は減るけど)わけですから、万々歳ではないでしょうか。
伊藤忠はこのシナリオを想定していたのでしょうが、ユニーの創業家等ユニー関係者にとっても理解されていたシナリオなのが気になるところです。伊藤忠はMAが上手だそうで、ダイヤモンドオンラインでも記事になっています。丸ごと買って、必要のない事業はカーブアウトする、正にファンド的手法ですね。
「伊藤忠、業界2位躍進の秘密はハゲタカさながらのM&A手法だった」2018.9.27
https://diamond.jp/articles/-/180642
(ハゲタカ、は煽りタイトルだと思いますが(笑))
当然、こうなるのが方向性。まだまだ中ではいろいろな議論がされているでしょうし、売却陣営のリークっぽい気配もありますが。。
実現すればヨーカ堂は切れないセブングループと対照的で、ファミマの立場から本件をドライに見れば、ユニーを買って、必要なサークルKサンクスだけ取り込み、厳しい部分は売却、という極めて合理的な事業再編になりますね
持分だけで第1四半期は39億円の事業利益が出ています。
ドンキと組んでおおむねパフォーマンスが上がっているので高いうちに売却してCVS事業に特化ということですかね。
Ir資料
http://www.fu-hd.com/ir/library/presentation/2018_1q_presentation.pdf
記事を見る限りは、伊藤忠/ユニー・ファミマ側が売却したいように読める。一方で、ドンキは長崎屋でもGMSの構造改革の実績がある中で、Walmartの西友売却に興味があると報道されている(下記Pick)。買うものを相見積もりしているという考え方もできる?(まぁ、9割方記事の見立ての通りだとは思うが…)

ちなみに、サークルKサンクスは、元々ユニー傘下のサークルKと、長崎屋傘下のサンクスが統合して出来、今ファミマに転換中。
もし記事のようにユニーがドンキに売却されれば、ファミマ・ユニー・長崎屋・ドンキのガラガラポンで、コンビニ専業とGMS中心に20年弱賭けて再編されたことになる。

https://newspicks.com/news/3242739
ファミマは、Tポイント連合から抜けるというのが数年前からの既定路線だったかと…
https://matsunosuke.jp/family-mart-t-point/
→こちら分かりやすいです。

独自のポイント制度も視野に入れてFintech 分野への取組みを、水面下で進めているはずです。
となると、POSがかなり古く、カード決済に関しても遅れているとしか思えないユニーは足手まといなのかなぁと、勝手に想像していました。
ところで、ユニーはユニー以外のスーパーもありますが、残るのでしょうか?ユニーH傘下の事業会社がどうなっているのか見たことなかったので見てみよう!
ユニーにとってもドンキの方がプラス面が大きそうですし、3社win-winだと思いますが、やっぱり一番得をしたのはファミマのような気がします。
現在はドンキがユニー株の40%を引き受けている状況。残り60%もドンキに売却を検討しているとの本件。10月中旬に正式決定と本記事は伝えています。

ファミマのドンキ化も話題になりましたが、ドンキがユニー復活に道筋がつくのか。注目したいです。

ちなみにうちの地方ではアピタは比較的空いており、新しく進出されたメガドンキがとても賑わっています。
こうなる可能性はあると思っていました。
というより、こういうシナリオを書いているかもしれないと思っていました。
ドン・キホーテの販売力には頭が上がりません!
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.23 兆円

業績

株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績