トランプと通商交渉をしたらどうなるか──カナダの教訓

2018/10/11
交渉は妥結したものの……
ドナルド・トランプ米大統領は一時期、カナダのジャスティン・トルドー首相との関係を、「険悪」な雰囲気と評した。
だが、それは両国の貿易交渉に限った話だとも語った。
新たな名前の協定が合意に達した今、2人の(ひいては両国の)関係は、再びバラ色のものになった──はずだった。
交渉が妥結した翌日の10月1日、ホワイトハウスに集まった記者団に対し、トランプは言った。「われわれは常に、とても良い関係を続けてきた」
その瞬間、カナダ全土にマイクを向けていたら、数百万の国民が一斉に「はあ?」とあきれる声を拾っていただろう。