新着Pick
311Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
海外から見れば、この値段でこの品質かとコスパが極めて高く見える都市なんでしょうね。
人気 Picker
この手のアンケートには色々な感想があると思いますが、それでも一人の日本人として、そして東京の住民として嬉しいし、そして誇らしく思います。
同時に一応世界96カ国を旅した人間の目からしてみても、多少の身贔屓はあるにせよ、東京ほどエキサイティングで、食も文化もショッピングも、これほど魅力的な街は世界にそうそうあるものではないと感じます。

かように高く評価される私たちの郷里ですが、残念ながら日本人は、東京に限らず自分たちの郷里の魅力を再発見し、そして発信するのがとても下手で、たまにやろうとするとクールジャパンのような勘違いの方向に行ってしまう性癖があるようです。

独りよがりな自画自賛ではなく、世界の大勢の人の目から学ぶ気持ちを持ち、私たち日本人が守り伝えるべき、本当に魅力的なもの、大切にすべきものをきちんと認識すれば、今後も世界中から沢山の人達が日本に来てくれることでしょう。
そういう気持ちを忘れずにいたいものですね。
ずっと東京に住んでいると、旅行先としての東京の魅力、客観的にはあるんだろうなと理解できても、主観的には全然わからない。
食べ物もなんでも美味しいとはいえ、東京ならでは、という名物か少ないし、高層ビルも何がおもしろいのか…。
もともと、大都市への旅行は興味がないので、好みの問題なのでしょう。
ぼくが外国人でも、1位東京・2位京都と推します。PopとTech、新と旧、A級とB級、人工と自然、そして安全とおもてなし。
2018年の魅力的な世界の大都市上位20位のランキング(米国を除く)、1位東京、2位京都、12位大阪。たしかにそれぞれ素晴らしい。インバウンドが増えるはずです。
日本人が一番自分達の食や様々な日本文化を理解していない、特に地方は宝の山なのだ、海外の奴らが上手く日本をパクっている現実を国民は知るべきだ、こんなにも衛生的で食が整った国はまず無い、アートの分野においても素晴らしい拡がりやネットワークを確立している、唯一劣るのは、語学力だ。もう少しセキュリティや利便性をグローバルスタンダードにすべきだと思う、空港周りの利便性の無さにはほとほと困るのだ、もう少し外国人がスムーズに日本を楽しめるようにすべき、提案として日本を楽しむアプリくらいは国土交通省で予算組みしてでもわかりやすい仕組みにすべきだと思う。
明日からその東京は虎ノ門ヒルズや新虎通り界隈で、東京ハーヴェストという、食と畑を体感できるイベントやってます!!

http://www.tokyoharvest.com/

普段は人事に携わっている私ですが、実はこの2ヶ月弱は会社のダブルミッションという制度を活用し、東京ハーヴェストの集客やワークショップ、コラボメニュー企画に関わっています。明日や明後日は夕方16-20時、土曜は10-20時です!

ぜひ東京の食を体感しに、虎ノ門ヒルズや新虎通りにお越しくださいね〜
嬉しい結果ですね。どんなところが気に入ったかインタビューしてみたいです。

旅行者に道案内がてら話を聞いたり(※)、ネットに上がっている旅の記録を見る限り、いかにも観光地然とした場所も人気ですが、その土地に住む人々の日々の暮らしが感じられる場所にも旅情を感じる方も少なからず居るようです。観光地や美味しい店をガンガンアピールするのもいいですが、普段我々がどんな風に暮らしているかを伝えるのも、魅力を伝える手段になりうるかもしれません。満員電車も屋台のたこ焼きも、知らない人から見たら立派な異国情緒ですし。

YouTubeで見つけた、東京の日常風景
https://youtu.be/tZLpaZ3Xygc
旅してみたくなる感じしませんか。


(※)わたくし顔面が日本人離れしているせいか良く道を聞かれます。カメラ持って歩いてるので道知ってそうに見えるだけかもしれませんが。
世界で初めて100万人都市を実現させた江戸
その底力は玉川上水道と近隣の新田開発による食糧供給
檜原などの山林からの多摩川、甲州街道をつかった木材、薪炭材輸送網にあり
東京となってからはやはり多摩地域が一大養蚕地帯として大日本帝国の資金源となり日露戦争に勝ちました。

その辺の背景を踏まえた食農文化を体感できるTokyo武蔵野ツーリズムを一橋大の学生たちと準備中です。
東京は旅行者として訪れると魅力にあふれている。通勤時に動かなければ電車も常に空いている。外国から来ると物価も安い。
小池都政の最重要施策の一つである。
以下のビデオを是非ご覧あれ。
キャッチフレーズは、"東京ーTokyo Old meets New"だ。

https://tokyodouga.jp/JYofBtV9qgjU.html