新着Pick
365Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そりゃあんた、移民OKって言ったら投票しないバカ国民が多いからでしょ
この記者がネパール編を書くのを首をながーーーくして待っていますよ笑。書けるもんなら書いてみろよ、と。

GDPのうち約3割を海外送金に頼る「キャッシュ・リッチ・カントリー」と呼ばれるネパール、国別最多は18万人のカタール、次にマレーシアの13万人。在日ネパール人は恐らく8万人前後。うち、前者2国での労災事故に伴う死者数は2008〜2018年の10年間でマレーシアは2,443人、カタールでは1,326人。マレーシアでは1日1人、ネパール人が死んでいるんですよ。もう一回言いますが、マレーシアでは1日1人、ネパール人が死んでいます。

世界最強のパスポートを持てた日本人には到底理解出来ないでしょうね(https://newspicks.com/news/3373684)。例えばネパール人であれば、日本での学歴等(専門や短大卒含め)があれば、ステップアップで欧州含めた英語圏の査証が降りたりするんですよ。故に敢えて「留学」を選ぶケースもあります。

次はその最たる例となりますが、僕の元部下はネパール最難関大学を卒業後、某国内大手自動車メーカーでエンジニアとして従事、その間、各種試験(日本語検定やTOEIC、TOEFL等)でスコアを出し、いまは政府の招聘でカナダに移住してしまいました。

出稼ぎ労働者の性質を多く含みながらも、日本がステップアップ市場になっていることに触れないというのは記者として二流。ネパール人の方々、マレーシアやカタールと違って死と隣合わせじゃないから、ジャンジャン来て、稼いで下さい!でも、悪質ブローカーには引っかからないようにね...。

ハッピーダサイン♡
興味深く拝読しました。人材不足に嘆く日本と出稼ぎをしたいという海外の方々のニーズ。もう少し上手く、マッチングすることはできないものでしょうか。

「留学希望者はビザ申請時、親の年収や預金残高が記された書類を法務省入国管理局などに提出する。“偽装留学生”の書類には、ビザ取得に十分な年収や残高が載っているが、すべてはデタラメだ。彼らを送り出すブローカーが行政機関や銀行に賄賂を払い、でっち上げの数字が記された“本物”の書類を用意する。そんな書類を日本側の当局が受け入れ、ビザを出している。留学生を労働力として利用したいからである。」
今日本で学ぶ外国人留学生の数は約27万人(平成29年)。平成25年は約13.5万人だったので、この4年で2倍に増えています。

この中でも特に増えているのはベトナム人とネパール人。

最低賃金ベースで比較すると、日本が東京985円に対し、ベトナムは90~100円、ネパールは40~50円です。

つまり日本で留学ビザでアルバイトすれば稼ぎまくり。日本は今、世界の先進国の中でも最もアルバイトがしやすい国((監視も世界一緩い)。週28時間以内という制限を守らず、三つのバイトを掛け持ちして3倍の84時間近く働いている人が大量にいます。(そうすると年収は400万規模)
ネパールのように、お父さんの平均年収が10万円いかないような国からすると、日本で20~40倍稼げる計算になります。

これが日本で学ぶ留学生が激増している実態です。
「外国人技能実習制度」というものは初めて聞きましたが、在留外国人の中でベトナム人だと「留学」より「技能実習」資格を取っている人が多いということですよね。また「留学」と「技能実習」で7割以上を占めていることは、「就労」などの資格を持ったベトナム人が非常に少ないことになります。

「留学」も「技能実習」もある程度の期限が決まっていますし、それ以上は更新しにくいので、日本でもっと長く住むためにはしっかりした就労ビザや研究、経営などの資格が必要になってくると思います。

それにしても日本に住む在留ベトナム人が在留韓国人を超える日が来るぐらい人が増えていることは驚きでした。
ベトナムには、日本への送り出し機関が250ほどある。技能実習生と留学生の両方を斡旋しているケースが多い。

送り出されるベトナム人が背負う借金は失踪や犯罪の原因になっている。ベトナム政府も悪徳送り出し機関を取り締まっており、淘汰が進んでいるが、まだまだ問題がある。

技能実習生と留学生は、建前は労働者ではないが、送り出す側も受け入れる側も労働者(留学の場合は留学生兼労働者)として扱っているのが現実だ。

東京のコンビニの店員は、中国、韓国から、ベトナム、インドネシアなどに移り、今はネパールやウズベキスタンの留学生が増えている。

矛盾は、もはや許容限度を超えていると思う。
先月行った名古屋駅のJRゲートタワーのスタバには休日を楽しむベトナム人がたくさんいました。
基本的に異国人を受け入れないとバランスが合わない日本の実情。さらにハードルを低くすると政府が言っているわけで、外国人の人材紹介の会社もこれからは考えないと成り立たない、だからこそ様々な工夫をしてくる、例えばより教育された人材の確保や海外での教育システムの確立だろう。そうする事での信頼性だ、海外からの日本への憧れはもう少し続く、偽装留学生が増える事は実はまだまだ日本はイケてるってことだと思う。
需要が単純労働に限られるから就労ビザ発給条件に見合わない

日本企業と馴染みのある東南アジアからの移民を促進したい

移民受け入れ要件に日本語+英語+母国語のトリリンガル

そもそもその要件満たせる人は就労ビザ使うんじゃね

おまけに日本国籍取ると母国籍捨てないといけない

そんなん一族郎党全部移民せなあかんやん。だったら短期バイトでオナシャス

でもバイトで就労ビザ取れなくね

???「じゃあ学生ってことにすれば、上限あるけど働けるよ」

よっしゃ、オラ留学生!

経営者「バイトだろうがフルで働けや」留学生「」

しかもよくみたらワイらの賃金保障誰もしてくれとらんやん
出井さんの取材。今後が気になる連載。