新着Pick
208Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
スナップチャットが3V広告を打ち出した時には、スマートフォンの活用をよく理解しているな、と感心したものです。3Vとは、Virtical, Video, Views。

広告はVirtical(縦型)になると予測。スマートフォンを横にしてみる人は少なく、縦にスクロールする。広告は画像より動画(Video)になり、動画も縦型になる。そしてViews。

広告モデルを変えるソーシャルメディアになると思っていました。しかし、フェイスブックなどの大手が、スナップの特徴をコピーして取り込んだ途端、スナップの独自性が薄れてしまいました。活路は見出せるのでしょうか。
厳しい。エバンスピーゲルはザッカーバーグにも誰にも、数千億円積まれても会社を売らなかった男、きっと巨大なビジョンを持っていると思っていましたが、その想いに実力がまだ付いて行ってない。
グラス、複合現実の路線で突破口を見出すと思っていましたがそちらも時期尚早。Twitterの路線すなわち長いトンネルをくぐると黒字化が待っていた、という道ならティア2企業止まりでプラットフォーマーポジションには至らないでしょう。
上場企業なので財務諸表から実績を見ると、営業CFで四半期に2億ドルほどキャッシュアウトをしている。現在有利子負債はほとんどないが、現預金は16億ドルほど。来年半ばというのは少し早いかもしれないが、Facebook/Instagramは儲かっていてそれを使って一層投資をするといったパワープレイが出来るのに対して、Snapはそうではないのが現状。
なお、営業利益だと四半期で4億ドル前後の赤字。営業CFとの差分は株式報酬部分が毎四半期で1.5~2億ドルほどかかっているが、それはノンキャッシュアイテムであること。一方で株価は下がっているし、未来が見えなければ株式報酬でつながっている社員は辞めやすい。
なお、現在の時価総額は約1兆円。黒字化しているLINEは1兆円弱でLINEより大きい。
Snapの大きなミスは海外展開を疎かにしたこと。その間に海外でインスタやWhatsAppがそのポジションを取ってしまった。ただ北米では堅調なので足場をしっかりと固めて、AR時代で一気に巻き返していって欲しい。エバンは数少ない先が見通せるビジョナリー。Facebook一強はイノベーションにマイナス。頑張って欲しい!
ビジネスモデルが確立しませんね。Twitterの状況と似てるかもしれません。ユーザーだけは離してはなりません。
Facebookのパワープレイでジリ貧ですな
強いマネタイズモデルが確立されていない中で、他のキャッシュリッチ競合と戦い続けるのがしんどいと思う。

でも、珍しいぐらいピュアなディーンコミュニティ(おじさん排除)を作れているサービスではあるので、エバンの打ち手に期待。
2019年中の黒字化というのはかなり難しい状況に置かれているようだ。予想を「膨大に上回るペースで」成長し、かなりのコスト削減があって達成されるような事態。そして、そこに新たな資金調達の必要性も言及されている。
FB、インスタ勢の強力な追い込みがありますからね。スナチャは相当に苦戦することはこれからも間違いないでしょうね。
こうやって市場を動かすのが仕事みたいなところもあるからなあ。