新着Pick
938Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
報酬を貰ってまで睡眠を確保しなければならないというのは、少し悲しいですね。

私は睡眠時間の確保は「自己管理」の範疇だと考えています。
どんなに多忙でも、何とか工夫して睡眠時間は確保する。

余計なことかもしれませんが、ここまで会社に依存すると「自己管理」できない人が増えてしまうような気がしてなりません。
睡眠不足は鬱になるリスクが通常の2.1倍にもなりますから、それだけでも十分返ってくる良い投資だと思います。

うつ病は「予防」できる
https://newspicks.com/news/3102163
睡眠が仕事のパフォーマンスに影響を与えることは間違いないですが、企業における睡眠の議論は、居眠り運転防止などリスク回避の側面が強い。一方で「寝ることを義務付ける」「睡眠状態を会社が記録する」というのは、社員のプライベートに踏み込みまくるのでなかなか難しい。
今回は、「できたら報奨」にすることでその問題を軽減してるように見えます。ただ、より重要なのはCRAZYさんは色々なユニークな制度やカルチャーを持っていて、それを社員が前向きにエンジョイしている会社であることで、そういう前提なら前向きにワークしそうだな、と感じます。なんの施策でもそうですが社員が白けている大企業でやってもだめなんだろうな、と。
報酬として、業務時間外に介入されない権利をください
面白いですね。
「管理すべきは労働ではなく、社員の健康だ」というのはその通りだと思います。

私の周りにも、働き方に対する悩みよりも、睡眠や休息の取り方が上手くなくてパフォーマンスが出せないと悩んでいる人がいます。
睡眠時間という、社員のプライベートな時間をどこまで管理すべきかは議論の余地がありそうですが、社員の健康を大事に考えるというメッセージはとても良いと思います。
この取り組みをCRAZYさんがやるのが面白いですね。
働く人たちを本当に大切にしている企業さんで、結婚式というとてもパワーのいる仕事を中心にされているので、体力がとても重要。

「管理すべきは労働ではなく、社員の健康だ」

その通りで、会社は時間の管理や、場所の管理をするよりも、どうベストパフォーマンスを出すかのサポートをするのが、これからもっと大事になっていくのではないでしょうか。
睡眠と生産性は明確な相関関係があります。

そしてウェディング業界は、顧客にとって人生最大の晴れ舞台のため失敗が許されない為、真面目に頑張るウェディングプランナーほど、際限なく頑張り過ぎてしまう事で、体調を崩しやすかったり早期に離脱してしまう特徴があるため、

ウェディング業界に影響力のあるCRAZYさんがこのような取り組みをするのは、とっても良い事だと思います。

健康に活躍するウェディングプランナーさんが増えますように。
試みとしてはとても面白いと思いますが、プライベートまで管理することになるので、これってどこまで受け入れられるものなのでしょうか。

もしこれが強要的なものになると、それこそパワハラの6類型の一つである「個の侵害」にも相当しえるのではないかと思います。
今後中小企業での健康経営を普及させていくうえで、このように注目される取組みを行う企業がもっと増えていくと良いのですが。
知名度向上やブランディングにも活かせるので、感度の高い会社は少しずつですが始められている印象です。
実質的に色々な方法で回避できる残業時間管理よりも、これのほうが実効性が高いように思う。
もちろんプライベートについて知られたくない人もいるだろう。なので制度として用意して、使いたい人が使う形にすればいい。
株式会社プロデュースは、新潟県長岡市に本社を置く塗布装置などの各種機械装置を開発、製造、販売する企業である。 ウィキペディア

業績