[ベンガルール/ムンバイ 8日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のインド部門は8日、同社のプラットフォームで全ての販売者を平等に扱っているとし、インド事業で一部の業者を優遇していることはないと説明した。

インドのオンラインベンダー団体、オール・インディア・オンライン・ベンダーズ・アソシエーション(AIOVA)は5日、アマゾンが一部出資しているクラウドテールなどの業者を優遇しているとし、嘆願書を競争当局に提出していた。

AIOVAは、クラウドテールなどの大手業者は手数料を大幅に値引きされていると指摘。こうした不公平な慣行について厳しく処罰するよう競争当局に要請。今週から始まるインドでのアマゾンの年次セールに優遇されている販売者の参加を制限するよう求めた。

アマゾンは10月10─15日に年間セールイベントを予定している。