新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
所得収支のプラスがそれなりに大きな水準を保っているので経常収支は当面黒字が続きそうですが、このところ輸出が横ばい気味の中、原油価格の上昇などで輸入が増えて貿易収支の黒字幅が減少気味なのがなんとなく気にならないでもないですね・・・
天然資源を輸入に頼る我が国が、輸入と輸出の間で生まれる付加価値で豊かにならざるを得ないのは、加工貿易が盛んであった昔も今も同じです。海外で上げた所得で経常収支が黒字を保っても、アメリカ第一、アメリカで作れと叫ぶトランプ大統領ではないですが、日本で働かざるを得ない国民にメリットが行き渡るとは限りません。貿易・サービス収支は規模を伴ってそれなりに経常収支の核であって欲しいもの。日本の殆ど唯一の貿易黒字相手であるアメリカから黒字削減の圧力がかかる中、経常収支の中身の変化に相応の目を向け続ける必要はあるのかも。今のところ、それほど気にすることは無さそうですが。
日本の経常黒字は今年5月から明確に減少トレンドにありますね。主因は何と言っても貿易黒字の縮小です。やはり原油高に伴う輸入増が大きく効いてますが、一方で自動車関連を中心に輸出の伸び悩みも背景にあります。いずれもトランプの政策による部分が大きいと思います。
8月の経常収支は1兆8384億円の黒字。各社の調査による中央値よりも低い数字となっている。
原発を再稼働させれば良い

輸入:7兆1,305億円(前年同月比+9,487億円[+15.3%])

原粗油(同+3,350億円[+59.6%]
液化天然ガス(同+990億円[+28.6%])
石炭(同+709億円[+35.5%])

「主要地域別」では、対中東(同+3,722億円[+56.4%])、アジア(同+2,148億円[+7.2%])等が増加。

原油価格:76.93ドル/バレル(前年同月比+57.1%)

https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/preliminary/pg201808.htm