新着Pick
388Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンにちは、コンクリートbotの中の人です。
取材をしていただきました。

話を持ち掛けてくださったコミュニティチームの小野さま、ありがとうございます。
私のconcrete(具体的)でない話を大変読みやすくまとめていただきまして、感動しております。
経済ニュースから遠い私などで大丈夫だろうかとも思いましたが、NewsPicksの多様性と懐の深さはすごいです。まさにコンクリートのようです。

記事中で述べているようにセメントがコンクリートの材料であることさえ知ってもらえたらもう大満足なのですが、今日はもう少し。
「セメント」という粉に水を足すと「セメントペースト」という糊状のペーストになり、そこに砂を足すともう少し粘り気のある「モルタル」になり、そこに石を足すと「コンクリート」になります。
もしよければおぼえてくださいね。

吉田先生の言葉にあらわれているように、コンクリートは技術者の性善説を前提にしている材料です。
だから難しいし面白いんだと思います。

などとカタいことを書きましたが、基本的にはマイペースでだらだらとコメントを続けております。
これからも楽しくNewsPicksを使わせていただきます。どうもありがとうございました!!
4大材料ピッカーのお一人、安田さんがついに来ましたね!
先日初めてお会いして、たまたま?持ち合わせていた円柱供試体のカットサンプルを頂き、ありがたくコースターとして使わせて頂いています。適度な吸水性があってなかなか良いです。

コンクリート愛をガチンコで語っていらっしゃいます。そこは、ガチンコではなく「セメント」(プロレスなどでガチンコのこと)でと言いたいところですが、表現としては「セメント」だけでは強度が不足するので、「コンクリート」でと言いたいところですね。いや、「セメント」は「水や液剤などにより水和や重合し硬化する粉体」のことなので、むしろ「癒着」的なニュアンスになってしまうかも。かといって、「コンクリートで」となると「具体的」に過ぎるかもしれません。

数学では、普通の「2」や「4.2」という数字を「アブストラクトナンバー(無名数)」と呼ぶのに対し、単位のついた「2個」や「4.2 J」という数字を「コンクリートナンバー(名数)」と呼びます。明治期の算術書ではよく登場したのですが、最近ではあまり重視されませんね。

ちなみに、冒頭に書いた「4大◯◯」や、「ダム湖100選」のような数字のことも、同じく「コンクリートナンバー(名数)」と呼びます。

これからも、コメント欄でお互い切磋琢磨しながら、共に(con-)成長して(crescere成長する+-tus過去分詞語)いきたいですね。
takaoさんに次いで安田さんの登場。
NPマテリアル界の賑わいを牽引するお二方の存在があってこそ、ピュアサイエンスにしか興味を示さない私の存在価値があるようなものです。いつも感謝しております。少しずつマテリアルの興味の幅が広がっていることを実感します。

個人的に思うのは、安田さんの「コンクリート哲学」の素晴らしさ。一貫してヒトとコンクリートの両軸を行き来した明解なコメントに徹しており、それを伝える努力を惜しまない精神がコンクリート愛の根源にあるのではないかと思っています。

また、生きた材料(時間ととも変化する材料)の代表格であるコンクリートは、マテリアル研究のホットトピックの一つであるということ。全くもって昔の材料ではなく、現役の先端材料でもあります。材料科学は色んな素材を埋め込んだり、化学反応や体積変化を意図的に仕込んだり、不要な廃棄物を利用したりなど、沢山の科学や不思議が眠っているだけでなく、時代を動かしうる基盤技術でもあるので本当に面白い。

安田さんとは、いつの日かリアルな場で共同研究できることを密かな楽しみにしております。これからもどうぞ宜しくお願いします。(ちなみに私のトップ画も安田さんから頂いたコンクリートのコースターです。日本酒を飲む手がよくすすみます。)
待ってました!
いつもわかりやすく説明いただき、ありがとうございます。
何が素晴らしいって、安田さんのコメントは興味を惹くんですよね。

以下、すごく共感します。
『私にとってNewsPicksを使うのは、自分の考えを整理するのが主目的です。書きたいことだけ書く、そんな自己完結した喜びをベースにしつつ、誰かが続けてコメントをくれて、新しい発見があったり、出会いやつながりが生まれたりするときもある。それが、宝物みたいに嬉しいんです。』

今後ともよろしくお願いします。
やった!!安田さんのNP コンフィデンシャルだ!!

安田さんを最初に知ったのは、この某ガラスメーカーの連載でのコメント。中の人よりも、アツく、精緻なコメントに某社内は騒然としました。
https://newspicks.com/news/2708719/

それ以来、安田さんのコメントを読むたび、「筆力が高い!」と驚きます。安田さんのコメントのファンの一人です。

そして、おススメピッカーとして紹介していただきありがとうございます!光栄!
セメントで例えてもらうことなんて、人生で初めて。笑
『セメントで例えるとGRCセメントのような方だと思います』

では、僕も安田さんを有機化合物で例えると、安田さんはTEMPOのような人。一般に反応性が高いラジカル基を分子内に有していながら、室温でも安定に存在できる貴重な存在。でも、ここぞというタイミングで、マイルドな反応条件で、効果的で効率的な酸化反応を実現してくれる頼りになる存在です。
安田さんのコンフィデンシャルをいつか読みたい!という願いが叶いました。

実は数年前にセメント業の産業医をしていて、その頃は「セメント コンクリート モルタル アスファルト 違い」などとGoogle検索し独学で調べていたものですが、今はNewsPicksで関連分野のコメント&ピッカー検索をかけることが多くなりました。

「労働と健康」を考えるにあたっては、まず業界の知識をつけないといけない。

もちろん直接的な対話や面談でも得るところは大きいのですが、NewsPicksのような生の集合知は情報収集という面で自身の仕事に大変役立っています。

これからも素晴らしいコメントを期待しています!
安田さん!
記事の自己紹介文のなかに「コンクリート」が9回登場(セメントは4回)あることからも、どれだけコンクリート・セメントが好きかが伺えます!

とても嬉しいのが、コンクリートが好きという個人の思いの発露・整理の場として、NewsPicksにハマって頂けていること。自分の好きがほかの人に伝わって、そして色々な情報から刺激や交流が生まれる。専門家同士の熱量が伝わるコメント欄がただただ嬉しいのです。

そして、新しい方がコメントしやすい、定着しやすい場というのも、本当にその通り。きっと皆さま、好きな事があると思うのです。それを整理したり、好きな事についてワクワク話せる場があると自分はとても嬉しいです。
そんなコメントがしやすかったり、「自分が好きな事について真面目になれる」場に、NewsPicksがもっとなれたらなと思います。
自分がそうなので、ワタシは技術オタク(と、映画オタク)の方々がダイスキです なので(ご本人の自己分析とは別に)、安田さんのような、ワタシが技術オタクと思っている方々(えーっと、あの方とあの方と....)のコメントは楽しいです だからNP続いているのだとおもいます いつもありがとうございます

いらっしゃらないんですよねぇ、エイゴNPにはこういう方々 見つけてないだけなのかなぁ

ワタシはセンセイなので、コレ↓が印象に そうなんですよねぇ 見えたのでしょうねぇ、このセンセイにも

「コンクリートの講義を担当されていた先生がなぜか気にかけてくれて、褒めてくださったんですね。じゃあもう少し頑張ろうかなと思うようになった。」
安田さんのコメント、後学のためによくメモ帳に残させてもらってます。

引用
吉田徳次郎先生という、日本のコンクリート工学の祖と言える、われわれにとっては神様のような先生がいるのですが、吉田先生はよくこう言っていたようです。
「百聞は一見にしかず
一見は十見にしかず
十見は実験にしかず」
引用終わり

コン後ともよろしくお願い致します!
コンクリート・ピッカーってなんてパワーワード・・・!

多くのメディアでは、たくさんの人に読まれるもの(さらに言うとクリックされるもの)ばかりになってしまいやすいですが、そのスキマに落ちてしまうものをすくい上げられるのがNPだと思います。さらに、スキマだと思っていたものが、意外と多くの人に発見や共感を与えることがあるのも、NPならではの発見ですね。

専門性の高いコメントは文系の私には正直理解できないこともあるのですが(ごめんなさい)、とにかく好きで文章にされている感じが伝わってくるだけで、ハッピーな気持ちになります。
NPがどんどんそんな場になっていったらとても嬉しいですし他のメディアではたどり着けない場所に行ける可能性を感じています。

安田さんのような方が淡々とコメントを続けられるNPが好きです。これからもコンクリートコメント楽しみにしています!