新着Pick
840Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「5分間で2000枚のシャツを量産できるより、5分間で2000種類のシャツを作れるほうが大事になる時代がきている」。 2018年9月に開かれたアリババのテックイベントで、ジャック・マーはとりわけ、製造業が劇的に変化するという点について熱く語りました。

アリババはネット企業なので、工場は持っていません。しかし6億人のユーザーのニーズを非常によく知っており、そこからどんな商品が求められているか、はたまた生産されるべきかを熟知できる立場にあるのでしょう。

アマゾンも、ファッションや衣料の分野で、実はオンデマンド生産をするための特許をいろいろ取得していることは有名です。製造業は作り手からではなく、消費者から始まる時代になるーー。その未来を、アリババのチーフサイエンティストに語り尽くしてもらいました。ぜひご一読ください。
Nakayamaさんコメント通り昔からあるマスカスタマイゼーションの話に過ぎずほとんど新しい事は語られていません。
では昔からあるそれがなぜ進んでいないのか、その理由は技術ではありません。ニーズがさして無いからです。それをやって儲かるなら、それを追及できる技術は少し前からあります。事実、自動車では色、パーツ等の選択は可能です。しかしそれ以上デザインから自分で考えるとか、滅多にない色を欲しがるユーザはほとんどいません。
消費者とは怠惰なもので、わざわざ自分が欲しいタイプを考えるなど面倒くさい、そもそもその発想すらない、呈示されたいくつかの選択肢から買いたいのが消費者心理です。選択肢が多い事すら戸惑う。

ゆえにこの話は、消費者側のニーズへの対応の話ではなくて、SKU毎に生産ラインをフルに変えずに最も効率的に組み替える技術関する生産者側の技術革新の話と捉えるべきだろうと思います。
「データに耳を傾ければ、データはおのずと知見を物語ってくれる」というアリババクラウド・チーフサイエンティストのミン・ワンリー博士の言葉が印象的でした。データの活用が、アリババの「未来のビジネス」なのですね。

B2C(プロダクトアウト)ではなくC2B(マーケットイン)モデルのコマースを実現するためにデータを活用。伸縮自在の生産ラインを考えているそうです。そこで鍵となるのが人工知能ソリューション「マニュファクチャリング・ブレイン」。

未来の都市計画・都市運営にもアリババは参画しています。それが「シティブレイン」。住みやすい都市づくりにデータを活用しています。

データ活用のベースはアリババのクラウドサービスです。アリババグループはデータを販売しようとしているのではなく、データを活用して新しいビジネスを生み出そうとしている。データは顧客ものであり、アリババのものではないというというミン・ワンリー博士の倫理観もすばらしい。
マスカスタマイゼーションは2000年頃から既に提唱されていた言葉で、理論的にはそれほど新しいものではないのですが、問題はどうやって製造効率を上げるか、というところに尽きると思います。

本記事の話は私のような素人が考えるような1つずつカスタマイズされた製品が簡単に製造できるようになったわけではないものの、データを使うことで調整しやすいパラメーターを最適化することで少しずつマスカスタマイゼーション化に近づいて行っている(というか少なくとも各種の効率改善には繋がっている)という感じでしょうか。

今まで扱ってきたのと異なるデータ量で面白いインプリケーションがリアルタイムで出せれば大きな構造変革を伴わなくても大幅な改善ができる、と理解しましたが、あってるかな。
AIでデザインを生み出すことは既に可能で、問題は生産ラインでしょう。記載があるように機械製品に比べれば、アパレルはパーツが少ないかもしれないが、縫製に入る前の前さばきの方が時間が必要だったり、縫製でも人によるブレは出る可能性があります。
「マニュファクチャリング・ブレイン」では原理配分などの作業工程を効率化に効くようですが、「人によるブレを最小化」に働くようになると、さらに良さそうです。
今回は製造業に対してですが、それ以外でもアリババは既にあるビジネスモデルを抜本的に見直し、それをテクノロジーで解決していく。このプロセスは旧来に慣れていると驚く事も多いです。
↓ 実現に向けた前提条件がわかりやすい抽象度で整理されている、と感じました。記事にある通り、そう簡単な話でもないと感じます。

「…あらゆる商品を構成するパーツや素材が、極めて細かい粒度で「分解」されている…」
「最小単位に分解されたパーツや素材を、個人の欲しがるものに応じて、オンデマンドで組み合わせれば「究極のカスタム製品」が生まれます…」

あと、自身がスーツをオーダーしたときを例に考えると、C側、買う側に、オーダーのためのリテラシー、判断軸が求められることも忘れてはいけないと感じます。

無数にあるボタンのサンプルを並べられて、「どれにします?」と聞かれたとき、自分なりに選ぶ基準の必要性を感じたものです。

買う側が面倒に感じないインターフェースで作る側を最適化していく…そんな未来を妄想します…
【人事戦略デザイナーの視点】

人事戦略を考える上での基本的な学問は、脳科学と心理学。

人間の心理を考えるという観点、マーケティングは人事と共通点が多い。

カスタマイズすれば当たるという考え方は、『顧客自分の欲しいモノを知っている』という前提が必要。

もちろん、自分の欲しいモノを理解している人間はほとんどいない。

ということで、本件記事の生産ラインは費用に対してリターンは大きくないだろう。

人はモノを欲しがっているのではなく、モノが実現するベネフィットを買っているに過ぎないのです。
中国国内にもたくさんある台湾のミルクティー「一點點」は自分でタピオカや糖分の量など自分好みにカスタマイズできる事で大人気
製造業のパーソナライズ化。これは実現出来たら凄い。消費の在り方も変わる。
この連載について
ジャック・マーが創業したアリババは、デジタル空間を飛び越えて、あらゆる小売り、娯楽、金融、物流、製造業を呑み込む「巨人」になっている。その衝撃の最新レポートをお届けする。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績