新着Pick
824Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
QRコードは日本の発明、でもモバイル決済として巨大インフラに活用したのは中国という物語を、なんと発明者御本人にインタビューすることができました。あの不思議な白黒の模様が、なぜ生まれたのか、本当に面白いストーリーです。

SONYが発明したフェリカは、日下部進さんという天才エンジニアが生み出して、JRのSuicaなどに採用されたことは有名です。しかし実は、フェリカにはもっと巨大な野望があったのですが、それがグローバル採用では夢半ばで終わったことも日本人としては悔しく思った記憶も蘇りました。

技術とビジネスの交差点を、NewsPicksならではのロングインタビューでお届けします。ぜひご一読ください。
名古屋駅から電車とタクシーを乗り継いで小一時間のところにあるのどかな町、阿久比。今や世界中で使用されるQRコードを開発した原さんにお話を聞いてきました。
今でこそ、特に中国のモバイル決済において「QRコード」は欠かせない存在となっています。しかし、当時は決済はおろか、一般の人が目にする身近なものになるとも思っていなかったそうです。中国で爆発的に使用される様子を見て、嬉しいのか、悔しいのか。そもそもの開発秘話も含めて、たっぷりと伺ってきました。
デンソーのQR生成サービス、かなり愛用しています。アカウント登録すれば、過去作成分も保存されます。とにかく便利。他にもQRコード生成サイトやアプリはありますが、本家本元のデンソーがいい。アリババの話でデンソーという着眼点、さすがです。

読み取りアプリもデンソーのものは、精度抜群です。カメラが捉えた瞬間に読み取ってくれます。ピントをあわせたりとか煩わしい作業なし。これも本家本元だからそこ。

QRコードの作成はこちらでできます。
https://m.qrqrq.com/
Fintechのレポートを作っている時に、QRコードの歴史について調べたのですが、デンソーウェーブのサイトにもその道のりがかかれていました。動と静という見方は面白いですね。

オープンであることの大切さを大事にしつつ、悪用されないようにどうするのか、今度はその技術の開発を勝手に期待しています。
日本でも「QRコード決済が来る!」と信じて、その船を信じていたら危険です。中国では、スマホ普及の過程で、QRコードが若い世代を中心に普及していた背景があると聞いています。
一方、北欧ではSMS決済などがきていて、この流れの方が妥当なのかもしれません。
一方で、日本発の技術が、他の国で根付くというのは、素晴らしいことだと思います。
バーコードからQRコードへ進化した経緯がわかりやすかった。QRコード決済が中国で普及し、日本では遅れている理由は「セキュリティ意識の差」だけだろうか。「日本は現金主義」と言われるがそれは何故なのか。そのあたりを詳しく知りたくなった。
QRコードが日本の発明というのは誇らしい。工場での生産性アップという課題に対し、原さんがバーコードのオルタナティブとしてに開発されたものです。

バーコードの容量は英数字で20文字。QRコードコードは4,300文字。200倍を超える容量で、なおかつ読み取り速度もバーコードと同じようにはやい。30分の1秒というのには驚きました。

その開発で白黒比率に目をつけた、全世界の印刷物を研究した話は感動的です。そこで発見したのが1:1:3:1:1という黄金比率。3つの角の四角い箱の白黒比率です。この発見がQRコードの爆発的な普及につながった。ノーベル賞ものです。
スマホ切り替えのタイミングで一気に普及した感じだよね。日本は変にICカードが普及してたからねー
技術面の素晴らしさもさることながら、特許権を行使せずオープン化したことが普及拡大の決定打だったと思います。
これは面白い。中国は徹底した中央情報集権型社会を作りたかった中、ものや人が多い国だから、難儀してたところに、バチコンQRがはまったんだね。求職者とか自分の背中にQRコードつけて、自分の売値や履歴書をすぐに見てもらいるようにしたり、色々アイデア浮かぶ。
この連載について
ジャック・マーが創業したアリババは、デジタル空間を飛び越えて、あらゆる小売り、娯楽、金融、物流、製造業を呑み込む「巨人」になっている。その衝撃の最新レポートをお届けする。
株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.83 兆円

業績