新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ボクシングや日大アメフトなど今年はスポーツ界の古い体質が改めて明らかになりましたが、そのあり方を変えられない団体は2020年東京五輪以降、淘汰されていくと思います。東京五輪というタイムリミットまでに何をすべきか。先進的な取り組みをしている日本フェンシング協会の太田雄貴会長にじっくり話を聞きました。スポーツに何らかの形で関わる人には、ぜひ知っておいてほしい内容を前後編でお届けします。
太田雄貴節炸裂ですね。競技人口をある一定レベル(6,000 to 50,000)まで増やすけれども、野球みたいな全員がやるスポーツまでは持っていかない、と現時点で目標付けてる点がすごい。関連して、無報酬というのもmake sense. なぜなら報酬があると、それに連動してスポーツ好きのおっさんが好む結果としての数字(=競技人口)ばかりが求められてしまうから。JAL再建の際に会長に就任した稲盛さんも同じ考えで無報酬だった。俺もやったことないから分からないけど、フェンシングはゴルフやフィギア同様、それなりにお金がかかるイメージがとにかく強い。なので、地道な草の根での普及活動と、それこそタレントや広告駆使した大胆なマーケ活動の両方が必要だと考えます。て意味で、雄貴さんみたいな実積とやる気と頭脳を持った方がリードしているというのは未来しかない!期待!
アスリートの方々でビジネス界隈(特にいわゆるIT系)の方々とコラボレーションする人たちは増えた気がしますし、よくお名前を聞きますね。。太田さんもそういう意味では、そういうお一人ですね。どんどん交わっていくべきだと感じます。
個人的にはこれまでの経験上、スポーツビジネスにおけるマネジメントで重要なのは「バランス感」だと感じています。
ステークホルダーが多くい上に立場の違いによるコンフリクトも起きやすいため、全体と現場のバランス感を持っている太田さんのような方が結果を出せているのかな、と思います。
必要ながら長らく行われていなかった日本スポーツ界と日本株式会社の「Reinvention」!

#太田雄貴 会長、どんどんやって行きましょう!
ほんとがんばってほしい
協会や連盟の会長はお飾りではなく専業で報酬もしっかりもらうべきだと思います。100%の時間を使ってそれなりの成果を出す。成果が出せなければ周りが首にする。そういうガバナンスが標準になってほしいです。
日本のレース会も長老支配だから、変革ができない。