新着Pick
22Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
機関投資家向けの日本株業務拡大、景気サイクルの遅行指数的に起こるトピックと思ってしまう(自分も年を取ってきた…)。
今までは海外投資銀行がそれに伴って縮小と拡大を繰り返してきたが、今回はSBI。
中小型株カバレッジは良いと思うのだが、一方でコミッションを稼ぎやすいのは規模が大きい大型株。MIFID2も含めて考えるとリサーチフィーをカバレッジが相対的に低い領域で稼ぎに行きたいように見えるが、大型株以上に景気サイクルが激しい領域ではある(もっと規模が拡大して景気耐性をつけることは、市場の課題だし、改善されると本当に良いと思う点)。
SBIグループのチャレンジはrespect しているのですが。
法人、特に機関投資家相手の業務ってどうなんだろう?
確かに外資は日本での業容を縮小していますが、日本の気の利いた投資家は海外に進出して、国際税務の最先端などもキャッチしていますよね?
機関投資家の情報収集分析は、グローバルボーダレスで
やっているように感じます。
まぁ頑張って。ブローカーはまだ多過ぎるんで、個人的にはいらんけど。SBIの手垢のついたIPOとかあんまり触りたくないしね。

それにしても宇田川さん…UBS、みずほと移って今度はSBIか。
国内ネット証券の中でIPOの実績はダントツのSBIですので、本当の狙いは機関投資家向けのIPOも取るということでしょう。とはいえ、中小型・IPOのビジネスは継続性がなかなかないので、市況が悪化した時に残存者になる覚悟を見たいと思います。