新着Pick
400Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに結論が出たイーロンvsSEC。その発端となる53日前からこれまでの経緯を改めてスライド記事で整理しました。

また、ここにきて「第二のスティーブ・ジョブズ」とも言われてきたイーロンがジョブズと同じ道を歩むのではないか、との見方がそこかしこで広がっています。なぜ、そのように言われるのか。かつてのジョブズとアップルのケースも改めてざっと振り返っています。

イーロン・マスクはテスラのCEOを辞めるべきなのか。「マスクの経営術」については、先日の「テスラの狂気」特集記事もあわせてお読みください。

略語禁止、時間ワープ…イーロン・マスクの「イカれた」経営術
https://newspicks.com/news/3318441/
マスクはジョブズの道を歩むのか?
共通点と相違点がありますね。本件に関わる最大の違いは強いボードの存在だと思います。
これだけ大きなスキャンダルを連発しても何も対処できないボードというのは、米国上場企業としては珍しいレベルで弱いと断じざるをえないテスラ。対して当時のAppleには豪腕実力者が一人いた。ベンチャーキャピタリストのアーサーロックです。スカリー社長よりも実質彼が根回ししてジョブズを首に追い込んだとされている人物。
重なるのがUber。トラビスカラニックを実質クビに追い込んだのもまた、ベンチャーキャピタリストのビルガーリー。

以上より、「マスクはジョブズの道を歩むのか」については、マスクの息のかかった取締役ばかりで構成されていたところ、今回SECとの和解条件により新たに任命される2名の社外取締役の動向に注目かもしれません。
このスピードがNPの魅力。この記事にも出てくるけど、テスラは米国でも最も空売り比率が高い銘柄で、一転してCEOにイーロン・マスクが留任のようなポジティブサプライズが出ると、空売り勢の買い戻し含めて流動性枯渇して、+17.4%となった昨日のように株価吹き上げやすい。典型的なショートスクイーズ
一連の動きがまとまっている。
個人的には、報道当初から資金の確保について問題視をしていた(①、②)。サウジについては、直前で買い増しをするのはむしろインサイダーリスクを増やす。だからサウジではないと思っていない。
それが後でマスク氏のBlogでPIFを念頭においていたものだと分かった(③)。ここらへんから、Tweetが言うほどの断言ではない状況については公表されている情報からほぼ確実だった。

そして非上場化計画を取り下げたからといって調査がと回るわけではないのも、取り下げ時にコメントしたこと(④)。
ルールがある世界で、ルールを破れば、ルールに沿ってプロセスが勧められるだけで、個人的には何の驚きもない。驚くとすれば、これだけルールが明確なのに、それをまったくフォローしないでここまで来てしまったということだろうか。

https://newspicks.com/news/3229850
https://newspicks.com/news/3241887
https://newspicks.com/news/3243642
https://newspicks.com/news/3269441
前もポストしましたが今回も予告編面白い。
よくエンタテインメントを研究された予告編だと思います。
映画も本編より予告編が面白く、
本も本編より書評、アマゾンレビューが面白いことがしばし。
本末転倒かもしれないがワクワクするのは事実。
仕事速っ。

まぁツイートができなくても社員のリークと言う方法で情報提供してますしね。

いずれにせよ、自動車と言うキケンな製品を取り扱ってるのですから、予約されてる方や使用されてる消費者の皆様に迷惑かからないようにお願いします。
ずっと面白い。人生がエンターテイメント。「狂気のマスク」
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
時価総額
80.9 兆円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
261 兆円

業績