新着Pick
609Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Dr. James P Allisonと本庶先生がノーベル医学生理学賞共同受賞。
受賞は間違いないとされてましたが、既に実際に臨床でも利用されていて、人類の役に立つ発見に賞を出すノーベル賞に文句無しです。
免疫細胞を抑制するシステム(免疫チェックポイント)を阻害する事によって、がん治療を行うブレイクスルーの発見です。
いずれの先生も免疫細胞上に出る異なるスイッチ(CTLA-4の機能の証明, PD-1分子の同定)をそれぞれ最初に発見しました。

今回の免疫チェックポイント阻害によるがん治療の開発は、今や世界で数え切れないほどの阻害薬が組合せで臨床試験が走っていて、その中でもanti-CTLA-4 x anti-PD-1 の組み合わせが最も優れた臨床成績を納めていることがこのお二方の共同受賞を際立たせています。今後は更に「免疫チェックポイント阻害」と「遺伝子改変免疫細胞療法」の組み合わせも(一般にも)メジャーになる事間違いありません。

それぞれの1990年代における最初の発見から、本日、数年前でも数年後でもない今年。
評議会は本当にタイミングと言うものを良くわかっていると思います。
このタイミングでドライブする研究が沢山あるでしょう。実際にこの分野ど真ん中の者にとっては本当に心強く、心から嬉しい受賞です。

発表後すぐにラボで撮られた写真からは皆さんの喜びが伝わってきます。
https://twitter.com/NobelPrize/status/1046697841509498883?s=20

書きたいことが山ほどありますが、本当におめでとうございます!

正式な受賞理由 Science backgraund: "Discovery of cancer therapy by inhibition of negative immune regulation"
https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2018/advanced-information/
抗がん剤はこれまで、がんの増殖が早いことに着目して、その増殖を止めたり、断ち切ることで有効性を発揮する薬剤が多く開発されてきました。しかし、このPD-1の発見により、がんの免疫逃避機構(がんが免疫に攻撃されない仕組み)が着目されるようになり、がんを免疫力を生かして破壊する新しい機序の治療薬開発につながりました。これはがん治療の世界を180度変えるほどの開発となり、第一に治療が困難だった皮膚がん、悪性黒色腫に試験され、劇的に有効性を示す結果を得ました。そしていまや多くの悪性腫瘍に有効な治療法であることがわかっており、今なお数多くの臨床試験が行われています。

がん治療はまだまだ発展途上ですので、現在頑張っている世界の若手研究者も本庶佑先生に続き大発見をされることを願っています。そのための勇気を与えてくれるような受賞になったと思います。
具体的な内容は3年前の未来館ブログの予想がほぼその通りなので、こちらを読むとより理解できます。

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する① 免疫制御の分子の発見とがん治療への応用 | 科学コミュニケーターブログ
http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/201509162015-2.html
その研究内容は島田氏の引用した資料の通りですが、さらに簡単に説明してみます。

免疫細胞はヒトの体内に入ってきたウイルス、細菌、癌細胞を攻撃します。
その際、ヒトの体(諸臓器、血管等)を構成している細胞は免疫細胞に攻撃されないようにある印を提示します。その印が提示されている細胞を免疫細胞は攻撃せずに見逃します。

ところが何と癌細胞もその印を提示するのです。当然、免疫細胞はその印を提示している癌細胞を攻撃せずに見逃します。

そこで、オプジーボが投与されて、癌細胞が提示している印をブロックします。そして免疫細胞は癌細胞を見逃さずに攻撃するという展開です。

いろいろの免疫療法がありますが、唯一まともな成果のあるものと言ってもいいでしょう。

現場的な問題としては…..(今日はやめときます)。
オプシーボは色々な患部への投与や併用療法の承認がどんどん得られており、まだまだイケイケのウハウハですね。

小野のプレスリリースのノリノリぶりは必見。
https://www.ono.co.jp/jpnw/news/index.html
今日、オペが終わったときに麻酔科の先生から聞きました。うちは京大系なので皆んなちょっと嬉しそうでした。

ずっと「いずれノーベル賞を取るのは間違いない」と言われてましたから驚きはないのですが、日本で癌医療の末端を担っている者として、私も誇らしく思います。

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤も残念ながら万能ではなく、奏功率も癌腫によってはあまり良くないのが現実ですが、新たなページをめくったのは間違いないです。
癌治療に外科医の出番が無くなる日が来ると良いですね。
嬉しいニュースですね!!
本庶先生、おめでとうございます!!

日本のノーベル賞受賞としては、26人目。
医学生理学賞では、5人目となりました。
1987年の利根川進教授。
2012年の山中伸弥教授。
2015年の大村智特別栄誉教授。
2016年の大隈良典栄誉教授。

そして、今年2018年。
本庶佑特別教授の栄誉ある受賞。

日本人として、誇らしいですね!
かっこいいなぁ。
また、京都市のご出身であり、その土地での研究成果のちの受賞、と。
故郷に錦とは、このことです!!!!

今年これから生まれる子ども達は、
「佑(たすく)」という名前が多くなったりして…!?
ノーベル賞の研究は、その内容が難しすぎて素人にはよくわからないものが多いですが、本庶佑先生の研究成果はとてもわかりやすいです。なにせあのがん治療薬「オプジーボ」の開発につながったのですから。私の知人は末期と言われたがんがこの薬で完全に治りました。奇跡を見た思いでした。
2015年にサイエンスZEROで本庶先生のご研究を取り上げさせていただきました。私の身内や友人が何人もがんで亡くなっているため、収録の際、涙ぐんでしまったのを思い出しました。先生には、希望の光を灯してくださりありがとうございますと、申し上げたいです。
ひと昔前までは怪しげな「がん免疫療法」が治癒という希望を持たせることを可能にした画期的発見(免疫チェックポイントのPD-1)をした本庶佑先生。ここ数年いまかいまかと待っていましたが、満を持してのノーベル賞!!おめでとうございます!