新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少なくとも、アメリカではちゃんとした技術者とちゃんとした政府の規制当局がちゃんと検討を進めています。日本は、やはり国内の航空機産業を戦後に潰されたことにより、官民に全くノウハウの蓄積がないのが本当に厳しいですね。
まずは論点整理。

交通システムの革新としてとらえるべきで、システムの1構成要素でしかない移動体単体の開発と矮小化すると単なる発明競争になってしまう。

技術とコストと社会的受容(制度と理解)が鍵だと思う。

それにしても、プライベートジェットですら規制でがんじがらめの日本とそうではない国との差は大きいことや、東京や沖縄の上空が米軍の支配下にあるといった現実を前にすると、夢は夢のままに終わるような気がする。

非接触・無衝撃・体重フリーの移動手段ができるか?
2次元から3次元空間を活用してドアツードアの移動をより利便性の高いものにする。ハードとソフト両面の課題はたくさんありますが、実現すれば移動そのものが画期的に変化するのは間違いありません。
技術的には現実味を帯びてきているとしても、まだ単体の飛行のレベルかなと感じます。
3次元の移動になった途端に、考慮すべき点は地上走行とは比較にならないくらいに複雑化しますもんね。
でも、やっぱりワクワクする!
技術 技術 技術 技術 技術 

という段階かと、まだ
「航空法等の一部を改正する法律案」が6月4日に可決成立しました。面白くなってきた。法律にはドローンや空飛ぶクルマはどう定義されているでしょう。
官民協議会だけ見ていたらダメです。
来週は幕張メッセでJapan Drone 2021もあります。
発展途上が面白い。
ちなみに、アメリカでは、という話がよく出ますが、日本の制度を議論しているとき、アメリカでも欧州でも同レベルの議論が進行中で、参照できるところは少ないです。足並みはそろえないといけません。そういう意味で、まとめ記事をつくっていただけるなら、海外のまとめをお願いします。
日本語の『現実味を帯びる』という意味が最近変わったのでしょうか。

ヘリポートも多くなく、東京で自家用ジェット乗るにはセントレアまで行かないとならない現状で、コレが自由に飛べてどこでも駐機できるとは到底思えませんが。
空飛ぶクルマがドローンなのかそうでないのか、イマイチ理解ができていいなかったので大変ありがたいまとめでした。種類もすでに複数あるのですね。
技術面はまず必要でしょうし、法的整備ももちろん大切。やはり課題は多いですね。
空飛ぶ車って、人を乗せて空を移動できるってことだよねー。
それって飛行機やヘリコプター、VTOLとして実現されてるんだけど。

自動車が空を飛ぶ必要があるという前提なら、なんで地面を走る必要があるのかってところが明確にならないと。車庫まで移動するためなら、今の飛行機にもタイヤついてるからそれで移動すればいいんだし。
移動手段の革新として、どう推進するかという議論に期待。
規制の話には終始しないでほしい。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.4 兆円

業績

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.35 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン