新着Pick
908Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私たちはコンサルティング会社ではなく、モチベーションエンジニアリング会社です。組織を変える技術を磨き、それをもとにした一つの生態系、システムを創り上げたいと思っています。勿論、コンサルティング事業(理念浸透、人事制度、人材育成、人材採用など)も大切な一つの手段だと捉えています。

私がイメージしているのは「医療」です。

「医療」はたった100年で「病気を治す」ということに関して大きな進化をしました。フレミングがペニシリンを発見したのも、レントゲンがX線を発見したのもほんの100年前くらいの出来事です。

今では誰しもが毎年健康診断を受け、問題があれば人間ドックに入ります。そうして病気が見つかったら、全国にあるどこかの病院に行きます。国家資格を持った医師が診断し、薬を投与したり、場合によっては手術をしたりして、病気を治します。

「医療」はこうしたシステムによって、再現性と実効性を持って、病気を治し、身体的幸福を提供しています。

翻って「組織」はどうでしょうか?「医療」に比べると遥かに再現性や実効性のない施策を取り組み続けてきたような気がします。

VORKERS で否が応でも組織状態が定量化・可視化される。更に詳しい組織診断や改善をするためにモチベーションクラウドを活用する。自社では解決できない組織課題をコンサルタントに支援してもらう。時にインキュベーションを受けてより踏み込んだ組織変革に取り組む。

「医療」に比べるとまだまだ不完全なシステムですが、これからの打ち手次第では「医療」と同じくらいの完成度で、組織を変え、働く人々に精神的幸福を提供するというサービスを再現性と実効性を持ってできる可能性があると勝手ながら思っています。

その先に働く喜びや組織の幸せに満ち溢れた社会があると信じて挑戦していきます!

※本記事、佐藤さんに突っ込んで聞かれたので話すつもりのないことを沢山話してしまいました(笑)記事は事前確認できないので何かドキドキします(笑)
9月20日に、就職・転職クチコミサイト「Vorkers(ヴォーカーズ)」と資本業務提携の締結を発表したリンクアンドモチベーション。同社の取締役でVorkers副社長に就任予定の麻野耕司氏に、アライアンスの本当の狙いについて、かなりしつこく聞きました。その意図は完全に「脱・コンサル」。では、その詳細とは?

それにしても、NewsPicksのコメントが、今回の提携に繋がったとは、びっくりです。手前味噌ですが、コメントって改めてすごいですね(笑)。読者の皆様も、いつもコメント、ありがとうございます!
リンク&モチベーションの企業理念には以前から注目していました。企業にとって本当に大事なのは、まさに社員が気持ちよく働ける環境を作ること。結局、人なんです。私はどんなコンサルティングをする時も、常にこの点に気を配ってきました。

今回の口コミサイトVorkersとの資本提携は、かなり意味があるもの。企業が努力してている姿、そして改善しているという証がVorkersで口コミとして表現(評価)されれば、学生や転職者にとってどれ程素晴らしい価値ある情報となるか。企業内の人を起点に、新たな同志を巻き込むエリアまでカバーするリンク&モチベーションの動きは、私自身のコンサルタントとしての学びとしても注目していきたいと思います。弟子入りしたいくらいです、まじで。
ちょうど社内での議論用にコンサルティング会社のスコアをとったので、コンサルティング会社特集なので貼っておきます。個人的にはこれをもっと上げていかないとな、と思ってベンチマークしています

ベイン&カンパニー 4.58
マッキンゼー 4.49
経営共創基盤 4.45
BCG 4.45
ATK 4.42
CDI 4.27
AC 4.11
デロイト 4.02
DI 3.92
アビーム 3.91
ローランドベルガー 3.87
ADL 3.68
PWC 3.61
事業会社からスタートアップへの少なくない、でも過半数でも100%でもない出資には、あまり賛成できないと思ってますが、リンモチさんとvorkersさんのこの組み合わせはすごいです!!素敵!!
でも20%。。バイアウトファンド出身でもあり、スタートアップ経営者でもある私としては、シナジー投資と言われるとIPOしてもvcさんと違って売ってはもらえない、でも将来出資元の経営体制がもし変わっても無視できない比率、とか思うと心配になる比率。。個人的には、お金ならファンドから、コミットなら100%結婚するお互いの覚悟で、とは思ってしまいます
Vorkersは自社や他社の状態、事実を押さえるために実際に自身がユーザーとなって(と言ってもオイシックスのことは書いてません)、かなり読み込み、その当時の事実を定量定性で保存してあります。そして未だに見ます笑。※ちなみに弊社の口コミは3.58。ここはもっと良くしていきたい

麻野さんのおっしゃる再現性と実効性は、めちゃくちゃ共感するとともに、人事の実務をやっているとアドバイスやサポートではどうしようもない状況に遭遇したり、見てきたこともあり、

そうなると、これだけ変化も激しい時代に定量定性の事実のどこから課題を見出すか、まだ顕在化している課題をどうやって抽出するかなど、現場にかなり入り込んだ並走や実行が求められると感じます。

Vorkersから何をどう読み解くか、個人的には麻野さんだから出来ることなど、より個人に高いレベルでの再現性や実効性も求められるだろうと思っています。

※追記※
ただしくは3.55でした
僕の会社もリンクアンドモチベーションから出資頂いているので、近くから見たリンクの凄さを書きます。

普通なら労働集約&属人化してしまい、スケールしづらいコンサルビジネスを『新卒文化』で拡大させている所に、リンクアンドモチベーションの強さと優位性があると思っています。


モチベーションと言う空気のような物で市場を開拓したり、プライシングリーダーとして価格感を創り上げたり、とゼロから事実を作り上げて行くには

既成概念に染まっている中途よりも、リンクアンドモチベーションの理念とビジョンをある意味で妄信的に信じて突き進む新卒じゃないとハマりづらい。

しかし、商売相手は社員のやる気に悩む経営者。経営者相手に経営未経験の新卒をぶつけて、それでも商売を勝ち取る。

ここにリンクアンドモチベーションのノウハウとマネジメントの凄みがあると思う。

鍵は、徹底した商品の絞り込みと、営業先顧客のクラスター分け、と言うランチェスター戦略だと思います。

これに加えて、モチベーションクラウドでとVorkersで、彼らが作り上げようとしているモノサシが、企業比較の際のスタンダード指標となれば、本当に革命的なコンサルビジネスだな、と。

企業は当たり前のように四半期ごとに業績決算のスコアを出しますが、それと同じ並びまでサーベイスコアを持って行く日も近い気がする。
麻野さんやー!記事、めちゃくちゃ面白かったです。HRスタートアップの役員として個人的に注目しているのは、リンモチによるヴォーカーズの出資は「経営の難しさ」を更に高めるということだなぁ。。To C向けのメディア寄りのヴォーカーズと、ToB向けの経営者寄りのリンモチ。弊社もそうですが、この利益相反しえるサービスを二つ持つことによる経営のハンドリングは、麻野さんと増井さんという二人の経営者のタッグがあって初めて成り立つものな気がします。
お二人ともお会いしたことがあり、大好きな方々なので、楽しみすぎます!
今回の出資はリンク&モチベーションの「一貫性」を示したように思います。世に言うブランドとされるものは、一貫性の維持がなされている状態と言えるわけで、HR業界の中でうまくブランド化したなとも思います。

新しい概念を浸透させるためには、手を替え品を替え何度も説明することが重要です。当初はしゃらくさいと感じた経営者も最近ではモチベーションクラウド(的なもの)に対し、必要性が浸透しつつあるように感じます。現在はまだ途中ですが、押しも押されもせぬ「指標」になることを期待しています。
従業員エンゲージメントを科学し、経営指標化したことが、 リンモチの強みと腹落ちした。

独自の経営指標は、記事にもある企業とステークホルダー(従業員・転職者・投資家・顧客)の関係をリデザインし、ユニークなポジションを形成する。


他の企業に先駆けて、NPSを科学し、経営指標化にた平安保険グループと似たものを感じた。

【ご参考】
平安保険グループの衝撃
https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000016.000025505.html

UX部門解体
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00042/00004/
この連載について
ここ数年で、市場規模は拡大。社員数を10年で2倍以上に増やした会社もあるコンサルティング業界。プロジェクトは断るくらい活況だが、異業種のコンサル参入など課題も山積みだ。人数が増えたことで、プロジェクトのテンプレ化が進み、コンサルタントもサラリーマン化したとの声もある。では、デジタルトランスフォーメーション時代に生き残るコンサルの姿とは?
株式会社リンクアンドモチベーション(Link and Motivation Inc.)は、日本の経営コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
1,362 億円

業績