新着Pick
632Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
違う職種の人を交ぜて、無理に「仲良くやれ」と強制しない。あえて、”交ぜる”のではなく、分業体制を敷く。コンサルとクリエイター・デザイナーとコラボする秘訣についてそう語るアクセンチュア出身のIMJ社長黒川氏。一緒になってからの、具体的な仕事の実例についても詳しく話を聞きましたが、生命保険会社を「健康応援企業」と再定義した例は面白い。デジタル広告枠の実質的なバイイングも行っています。本当にコンサルと広告の境目は、曖昧になってきました。
アクセンチュアのデジタル事業を立ち上げ、力強く牽引してきた黒川さん。形ばかりのクリエイティブ組織が横行するなか黒川さんのセンスとリーダーシップは群を抜いています。クリエイティブ出身ではありませんが、スポンジの様に新しいものを吸収し、チームを信頼し、難関を突破していく姿はコンサルタントがデジタルに向き合う理想的な型であり、コンサル出身者の見本です。
ものすごく納得感の高いインタビュー!
コンサルとクリエイティブやブランドとの付き合い方ってこういう事だと思います。役割や発想が本当に違うので。

ブランド戦略立てる→ブランド戦略の専門家(ブランドストラテジスト)
サービスのプロトタイプ作る→デザイン・シンキングの専門家(サービスデザイナー)
実行にあたって必要な様々な戦略…経営、オペレーション、ファイナンスなど…の面倒を見る→コンサルタント ここは色々あってとても重要だけれど、ブランドやサービスデザインは扱わない。
「会社の存在意義から再定義するとは、まさにデザイン思考的なアプローチ」という言葉がありますが、これって元来戦略コンサルタントが普通にやっていたことだと思っていて、わざわざそう言うということは、やはり今のコンサルティング業界は高度に専門分化されて会社の存在意義といったことを考える人があまりいなくなっているのだと再認識しました。

自分も何かの専門家に相談するときに感じるのは、各専門のことを詳しく教えてくれる人はいても「わたしが何をするべきか」を同じ目線で考えてくれる人は実はあまりいないということ。

デジタルを始め様々な専門家と柔軟に協業しつつ、元締めとして「経営」の相談に乗る存在に回帰していくというのが、コンサルタント3.0の一つのあり方かもしれません。
社内に、エンジニアもデザイナーも外資証券出身者もいて、サービスを作ってるスタートアップなんて、まさにこれに近い異業種コラボだと思う。ビジョンやバリューはひとつのものを一緒に大切にすれども、仕事の仕方の「文化が違う」事は前提として大切にしたい。異なるカルチャーの良さとか強さを守りつつサービスを強くしていくためには、適切な比率(物理的な人数でもボイスの強さでも)を維持する、比率が一時的に理想より小さくなってるチームがあればそれを守る、という経営の努力も必要と思っている。
Tシャツにジーパンという服装の容認だけではなく、畳にちゃぶ台の会議室があったり、お洒落なカフェと隣接した打ち合わせスペースだったり、またはビリヤードを楽しみながら話をするなど、コンサルだけではなく広告代理店も色々アイデアが出るような仕組みを取り入れていますが、まだまだ効果は道半ばだと思います。

会議の議事録を文章ではなく、絵で表していくことも最近流行っているようですが、これは右脳を刺激して何となくいい感じがしました。

皆さん、色々工夫していますが、まだまだ先を行くGoogleには距離感があると思います。
コンサルタントもデザイナーも変にプライドが高いとコラボを妨げてしまうので注意が必要ですね、自戒の念を込めて。正直、この記事では異業種コラボの成果がよくわからなかったのでもう少し実情や本音を聞き出してもらいたいですね。
わかってるなー

IMJでは、同じチームの人同士でも、各職種ごとに、社内の別の場所で働いています。
やはり職種によって違う文化であることをベースに、それぞれの文化をリスペクトできて、うまく交じる組織を考えることが大事です。もっとも、「お客様に最高の体験を提供する」というチーム内の目標は共有しています。
「たとえば、とある社員が私に間接的に「なんでジーンズにTシャツの人間がオフィスを歩いているんだ。お客様に見られたらまずいですよ」と苦情を訴えてきたことがありました。
でも、そんなことは、クリエイターからしたら「何が悪いの?」と思いますよね。そんな小さなことでも問題になるほど、両者はそもそも人種が違うのです。」(記事引用)

異文化コミュニケーションを促進すればイノベーション力は高まるが、居心地のわるさから回避されがち。文化の違いとは、異なった物語体系なので、物語とは何かを理解するフレームワークを学び、身体化できれば、積極的に異文化交流をできるようになる。
戦略策定からビジネスモデル作り、アプリ構築、デジマのプランニングなどデジタルの打ち手まで一気通貫で出来る。
同じファンクションは総合系の広告代理店にもあるはずなので、やはりバッティングしてきますなあ、
この連載について
ここ数年で、市場規模は拡大。社員数を10年で2倍以上に増やした会社もあるコンサルティング業界。プロジェクトは断るくらい活況だが、異業種のコンサル参入など課題も山積みだ。人数が増えたことで、プロジェクトのテンプレ化が進み、コンサルタントもサラリーマン化したとの声もある。では、デジタルトランスフォーメーション時代に生き残るコンサルの姿とは?
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
19.4 兆円

業績