新着Pick
1302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営に美意識が必要であると語る山口周氏は、実は長年の友人。意外でしょ?(笑)しかし、長く一緒に語り合ったら時間のなかで、2人がこの記事のような議論をした事は一度もありません。おそらく彼も同じで、僕の今回の記事
https://newspicks.com/news/3349986/
のような話を僕から聞いた事はないはず。

美に対する意識は、意識してはダメ。無意識のレベルにならないと美意識とは言えない。これは彼の言葉をかりれば、

“アートとは「非論理的」ではなく、「超論理的」”

残念ながらこれを理解するには、ビジネス書をいくら読み漁ってもダメで、アートの世界に浸り、感じていくしかない。感じて感じて深みにはまり、好奇心の波にさらわれなければ、この世界は一生理解できないと思います。まぁ、理解しなきゃいけない世界ではありませんが。

僕にとっての山口周は、僕をアーティストとするならアートを極める学者、心から尊敬できる変人。彼は、常に僕にとって素晴らしいインスピレーションや発見をくれる同志なのです。
パートナーにとって「尻叩き」型の現場プロジェクトはフレームワークをはめてスケール化もしやすいドル箱。でも、コンサルタントにとって「指さし型」の戦略プロジェクトは儲からないけど夢がある。まさにコンサルのジレンマですね。

経営戦略とは「資源配分のアート」であり、「ストーリーの配列」。VUCA時代の経営戦略は、分析によってつくられるものではなく、きわめて統合的な頭の使い方が必要だと思います。

「そもそも何をしたいのか?」「この世界をどのように変えたいのか」というミッションやパッション=美意識をもち、「センスメイク」により「会社を文学にする」こと。究極、ビジョン以外のすべてはアウトソースできるし、なぜ我々が存在するかを定義するストーリーがすべての原点であり北極星。

アートとサイエンスとクラフトというのはぼくも大好きな考え方で、右脳左脳の分け方よりこちらがしっくりきています。アートは非論理的ではなく超論理的というのはまさにそうで、日本の誇る近代建築家の丹下健三が、機能性を重視するモダニズムの限界を痛烈に看破した「美しきものののみ機能的である」という言葉を想起しますね。

最後に、では美意識を磨くにはどうしたら良いか。ぼくの今の答えは、「自分の好き嫌いを大事にすること」です。「良し悪し」ではなく「好き嫌い」。これを意識してみる。そして発信してみることだと思います。ということで、最近は個人的に「BOBOS」という言葉の響とか考え方が好き。
めちゃくちゃ面白かったです。山口周さんとは10/30@渋谷でトークイベントさせて頂く予定なのですが、本当に素敵な方で楽しみです。

「アートは超論理的」という言葉にあるように「超合理的な人間は一見すると非合理的な行動に走る」というのがこの世の真実だと思います。なぜなら超合理的な人間は普通の人々がまだ「気づいていない真実」に誰よりもいち早く気づき、そこに熱中しているから。

これは他者から見ると「一見すると非合理的に見える」し、
ZOZO前澤さんがその典型的な方な気がします。そして「超合理的な人間」って怖さもありつつも、何かしから人を惹きつける魅力がありますよね。
とても面白いテーマでした!

▼山口周×北野唯我イベント▼
https://www.businessinsider.jp/post-176737
ベストセラー『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』の著者であり元BCGのコンサルでもある山口周氏。そんな山口氏は、今求められるのは「千利休のようなクリエイティブディレクター」的なコンサルだと指摘します。そして、「会社を文学にする」、センスメイキングの技法が必要になっている、と。では、そのために必要な「美意識」とは? ちなみに山口氏がご紹介くださった、デンマーク発のこれまでにないコンサル会社「ReD Associates」はNYにも拠点があり、活躍の幅を広げているようです。

直観力が高い人は、直感的によい案件と人を見分ける力があるため、よいネットワークを築くことができ、成果を出せているように思います。

ヘンリー・ミンツバーグが提唱した、『経営とは経験(クラフト)、直感(アート)、分析(サイエンス)の三つを適度にブレンドしたもの』
アート(直感と発想)と定義されています。

直感を鍛える方法として、私が有効だと思って試しているのは、食事のメニューを選ぶ際、一番美味しいだろうと思うメニューを直感で選ぶことです。
直感が外れて美味しくない場合は、身を持って体験するので、直感が鍛えられやすいと思って試しています。

ミンツバーグ教授 公式HP
http://www.mintzberg.org/
>「情緒や感覚なんてファクトじゃないじゃん」「だから、ファクトで見せてよ」くらいに思っているはずです。

そうそう、これこれ。最近ぶち当たっている壁がまさにこれです。必死にファクトを積み上げても限界があるし、そんなことは今、お客さんでもできるんですよね。その先、「なるほどね」と言われるようなことを話して欲しいんだ、と言われたことがあります。

ただ、そこばっかり狙うと、「根拠は?」って聞かれるので、ストーリーがある創造性みたいなものが必要なんだと思っています。
不都合な真実をズバッと言っちゃってますね

“大企業のために仕事をするコンサルタントとは、いわば、エスタブリッシュメントの有り様をどんどん強固にしていくという方向の仕事なんですね。
要するに、コンサルは、「おっさん会社」を守り、イノベーションを阻害しているともいえます(笑)”
コンサルタントに必要なのは「美意識」、ではなくて、コンサルタントにこそ「美意識」が必要、ですよね。

「ビジョンの美意識」「行動規範の美意識」「経営戦略の美意識」「表現の美意識」をもったコンサルタントが、求められるようになるという山口さん。

ある大手コンサル会社が、海外チームの事例をそのままコピーして提案書にしていたケースがありました。内容を調べもせずに。

クライアントはそれをみて自社に適用できると思うでしょうか。まったくお門違いの提案書だったため、クライアントは憤慨していました。

自分のアウトプット、パフォーマンスにも美意識をもつべきですよね。
一日遅れてしまったけれどピックしておかなきゃ。新卒同期の中でも仲の良い周くん。相変わらずキレキレのコメントが痺れます。声が聞こえてくるようなインタビュー。

“そこへいくと、世の中の断片的な兆しから「世の中はこっちのほうに動く」とか、「こういうのが来る」ということに気づき、それをコンセプチュアルに言葉にすることは、電通や博報堂の人のほうがずっと得意だと思うんです。”

これは心から同意します。綺羅星のごとくのクリエイターの方々と、たくさんたくさんお仕事させていただくことができ、天才マーケターの人たちから薫陶を受けられたことはホント貴重な学びだった。

一方で与えられた情報からピュアに演繹する力はコンサルタントはめちゃくちゃ凄い。「人間ってこういうこともできるのね!」と本当に感心しちゃうレベルで凄い。マジでそこまでやるか?というようなびっくりする分析手法も、構造を見切ってロジカルに考え、それやればわかる、となると、本当にやり切るんです。凄かった!これも貴重な経験でした。

“──コンサルタントが、新しい物差しを指し示す方法はないでしょうか。”

これ似たような質問を「コンサルタント」に限らずよく聞くのですが…違う才能なので、無理しなくていいよと思うのです。
人によるから人を選んで発注すれば良いですよね。バランスや方法論あれど両方できる人も少しはいますから。
というのもクリエイター(やマーケター)の能力もコンサルの能力も絵を描くのが得意とか音楽が得意とかに似ている。上手い人と下手な人、どんなタイプの芸術が得意かは割と才能で決まってる。でも両方できる人も中にはいるので。

見ている地平に立つ微かな揺らぎを見つけ、新しい尺度を生み出すのはそういうのができる人たちにお任せで良いと思うのです。その人の言った事を具現化するのに、場合によっては一般論的なコンサルの力がとても役立つ側面があることも。

今度は「旅」ですか…旅が周くん中で今度どういう風に昇華していくのかが楽しみです!
こういう大手ファームの「産業化」の実態を見るにつけ、そうはなりたくないと思いますし、そうならないことが差別化になっていく道だな、と再認識します。
最近は新興企業の新規事業案件ばかりやってますので、かなりマイノリティな存在であることは間違いないですね
この連載について
ここ数年で、市場規模は拡大。社員数を10年で2倍以上に増やした会社もあるコンサルティング業界。プロジェクトは断るくらい活況だが、異業種のコンサル参入など課題も山積みだ。人数が増えたことで、プロジェクトのテンプレ化が進み、コンサルタントもサラリーマン化したとの声もある。では、デジタルトランスフォーメーション時代に生き残るコンサルの姿とは?
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア
株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手および世界第5位の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.19 兆円

業績