新着Pick
1519Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「たとえ知っていなくても、知っていますって言わないといけない。」は典型的なコンサル2.0の"ビヘイビア"だと思う。

ところでコンサル業界はなぜか自分たちを事業会社と思わない。これが産業モデルが外資系に占められている日本のコンサル業界がいまいち革新性がない理由だと思う。

自然人の健康問題に対して医師がいるように、法人にはコンサルがいます。コンサルにも実に多様な種類があり、心臓外科医から整形外科医、消化器内科医からアレルギー内科や感染症内科、精神科医や産婦人科医など。大病院の勤務医もいれば、開業医もいます。コンサル業界の大病院グループは何兆円もある上場企業です。これがなぜ日本では事業会社と言わないのでしょう?それは産業化をやってきたのは日本ではないからです。産業化とは、科学(サイエンス)を工学(テクノロジー)に発展させビジネスとして広範囲に持続性をもたせたものです。

また、コンサルを医師と例えると産業化の中で切り離せないクスリがあります。前職は企業向けの業務ソフトウェアで世界最大でしたが、製薬会社だと思っていました。巨大な研究開発、ブロックバスター、特許切れ、創薬ポートフォリオ、巨大買収、バイオ、世界中のMR網と医者や学会のリレーション、大変そっくりでした。複雑に関連し合う各診療科目や地域における法人の病を調べ上げ、研究開発パイプラインを組み上げ、薬を大量生産し、セールスが医師や業界と向き合う。また、西洋医学のエコシステムと同様に東洋医学も存在する。

医師の多くは「医療は産業ではない」と信じたいところがあるが「健康は産業である」という別の層との戦いも認識している。大病院の勤務医は自分の業界を産業だと信じるところがあり、組織の歯車が嫌で開業医となる人もいる。産業かどうかどころか、何百年前と異なりすでに巨大なテクノロジー産業だ。

医師は「この世から病気がなくなって欲しい」と心から願うかと言えば、なくなったら困ると考える。正確に言うとプロフェッショナルはそうは考えず、「残念ながらなくなりはしない」と考える。

真剣に病気も医師も不要とするイノベーションを志すチャレンジャーを待望してます。
コンサルタントになるということは、「あなたは、今後、芸人人生を送れますか?」という問いに等しい。無理だと思ったら、最初から日本の大企業に行きなさいと言いたいですね。と言い切る、経営共創基盤取締役の塩野誠さん。

これを読めば、コンサルで居続けるということはどれほどアップデートが必要か、企業からだれだけのお金を取るということは、どういうことかが嫌という程分かります。是非、コンサル業界を意識する就活生と現役若手コンサルタントに読んで頂きたい記事です。
コンサルティングファームに関する論点が非常に幅広く語られていますね。コメントしたい点が多々ありますが、「コンサルとは結局、芸人なんです」という冒頭の指摘が本質なんでしょうね。

新卒研修時、採用担当者から「コンサルタントというのは男芸者だから」と言われたことがあります。
当時は何を言っているのかさっぱり理解できませんでしたが、クライアントの立場に立てみると、一番響いたのは数十ページの分厚いレポートや分析を受け取ることではなく、「どんな時にも平気な顔をしていること」という一言でした。
何のことはないコメントですし、誰にでも言えそうな一言ではあるのですが、こうした言葉を絶妙なタイミングで然るべき人物から投げかけられることで、難しい意思決定を決心できることもあります。
これだけで高額なフィーが正当化されるとは思いませんし、発言者がコンサルタントである必要すらないのですが、こうした所作こそ「芸人」の面目躍如たるものなのだと思います。
「ほんこれ」のオンパレード。この数日もやもやしていたことが全部書いてある感じです。コンサルティングに関心のある人は全員読んでほしい。

ちなみにコンサルタントは芸人という話が出てきますが、弊社の代表は「職人1/3、学者1/3、芸者1/3」という言葉で表現しています(主旨は同じです)。個人に積み重なるあらゆる力を磨きながら、かつチームプレーの仕事です。

堀紘一さんなどの時代は「BCGって注射の会社ですか?」と言われるなんて笑い話もあったくらい、全然メジャーな業界ではなく、経営を論理的に語ろうとする若者なんてすごく変な人たちでした。今は就活人気業界になりましたが、本来はちょっと変な人たちでなければ「職人1/3、学者1/3、芸者1/3」なんてできないし、経営者の相談相手になることはできないんだと思います。コンサルが業界として産業化したとしても、この根っこの部分は変わらないんだと思いながらやっています。
コンサル特集と言えば論客塩野さん。ほぼ付け足すことはありません。ピンで仕事を売ることができる王道コンサルタントをイメージすると全くその通りと思う一方で、売り物がプロダクト化、ソリューション化していくと「芸人」といわれるパートナーの仕事でさえも、集団で動く高級営業マンの一人、というようになっていくし、すでになってきている気がします。チーム制で担当クライアントを分担して受け持ち引き継ぐ、そこに対してファームとして売りたいプロダクトを「売り込む」ことがミッションになれば、ソリューション営業をしているサラリーマン営業マンとの境目はどんどん曖昧になっていくでしょうね
コンサルに限らず専門職で生きるということは記事で触れられているように「芸人」として生きる覚悟があるかどうかということだと思います。実際、私のようなセルサイドのアナリストは「噺家需要に応えろ」とか「売れっ子芸人になれるかどうか」とか比喩されることもあります(別にそれでもかまわないと思います)。結局、「Aが駄目ならB。Bが駄目ならC」という総合職的なセーフティネットが期待できないからこそ、その専門分野で覚悟を決めよ、ということかと思います。
「仲間内で誰しもが「あいつはすごいよね」という人の、ファーストオプションが起業になってしまった」。これはプリファードさんまで行かなくてもそうだなぁ…とつくづく感じます

あと、最近のトレンドとしては
①大企業のリソースを使って面白いことをするために、起業したまま副業できるような自由な会社に入る
②10人以下のスタートアップやVCを目指す
というのも選択肢として増えてきました。

背景としては、求職者の変化だけではなく、企業側の提供オプションが増えたこともあるのかな?と思います
コンサルについての記事だが、経営者について「ポートフォリオマネジャー」という表現をされているのが印象的。
その通りで、意思決定をすることがアドバイザーではなく事業主体の業務だし、経営の最重要点。
一方で、日本の昇進プロセスが意思決定の正確さではなく、業務知見などに寄っていたり、その昇進パスにおいて意思決定をする機会がどれだけあるか(様々な不正の構造などを見ていて思うこと)。そこを意識的に強化していくことも求められていると思う。

あと「コンサルとは芸人」という言葉で思い出すのが、下記の楠木教授と佐藤弁護士の対談(そこでは「芸者」、ファームを「芸者置屋」と表現されている)。他にも「客はプロより詳しい」など、本記事と通じる点が多い。
そのなかで現場知見であれば、言語化できる実務家は強い。そこに対抗するために、横串で様々な産業を見て、新しい知見を常に入れていくことが求められているのだと感じる。それの最たる部分がテクノロジーだが、テクノロジー自体についてはそれを専門でやっている会社のほうが最先端だとも思う。

プロフェッショナル・ファーム論 佐藤明夫×楠木健
https://newspicks.com/book/608
共感することばかりですね。テクノロジーとファイナンスが必須、芸人を続けられるか、相談したいと思われるか、など。追記するとしたら、マネジメントコンサルタントの強みは第三者としての客観的な提言である、ことだと思います。MBAでも、元コンサルでも、外から提言することと、内から提言するのでは大きな違いがあります。だからこそ、このコンサルに聞いてみたい、と思われることは重要なんだと思います。

あくまでもマネジメントコンサルタントに限ってですが、テクノロジーの必要性について現場感覚でコメントすると、先端テクノロジーはテック企業に勝てるわけがありませんが、クライアントの経営課題を解決する上でテクノロジーの実現性を評価できるモノサシを持つべきだと考えています。コンピューターで処理するのに10時間を要するのか、10分なのか、この感覚を知らずに理屈だけで意見するべきではないと思っています。理屈はいいから、現実解を語ろう、コンサルなら。
"夢を抱いてコンサル業界にやってきたのなら、実際の仕事が業務アウトソーシングだと、就職後にちょっと違うと思うでしょうね。"
実際多いですよ。でもどの業界でも同じでした。華やかなはずの広告業界だと思ったらネット広告の運用担当だった、みたいなことは当然おこります。当然その後に辞めます。
2つの問題があると思っていて、1つ目は会社側がきちんと説明していないケース。2つ目は入社する側があまりにも勉強不足のケースです。
業務のアウトソーシングはコンサルの稼ぎの大きな部分を占めているにもかかわらず外からはイメージされていない。そこを逆手にとっている人もいますけどいずれ分かることを説明しないのはとても後味悪いからやめたほうがいいですよ。広告会社のネット広告の運用も同じです。今や運用できない広告会社は存在意義がどんどん薄れています。それが嫌ならそもそも行かないほうがいい。
この連載について
ここ数年で、市場規模は拡大。社員数を10年で2倍以上に増やした会社もあるコンサルティング業界。プロジェクトは断るくらい活況だが、異業種のコンサル参入など課題も山積みだ。人数が増えたことで、プロジェクトのテンプレ化が進み、コンサルタントもサラリーマン化したとの声もある。では、デジタルトランスフォーメーション時代に生き残るコンサルの姿とは?

業績