新着Pick
86Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
PC需要の拡大というより、Intelの生産・改善が遅れているように見えるのだが。
PC市場について、大きく拡大しているわけではない。そのなかで、Intelの供給が足りずにマイナス成長になったり、ほかの部品価格の下落が懸念されている(①)。
Intelの微細化計画は遅れに遅れており、TSMC・Samsungが7nmに突入している中で、現在14nm。10nm化が遅れに遅れて、元々は10nmで対応しようと思っていたのができずに、投資に至っているのがリアリティだと思う。
あとは投資のほかに、TSMCに外注もしている(②)。
https://newspicks.com/news/3317767
https://newspicks.com/news/3309733

そういえば、新型iPhoneでQualcommからモデム周りを奪ったはずだったが、これはどのプロセスで作られているのだろう…
原文によると10ナノメートルの生産革新とAMDというワードが印象的でした。これまで半導体では設備投資が行われると、需給バランスにより価格が低下してきたので、これからエッジなどでコンピュータを増やすには良い傾向に感じます。パソコンではなくコンピューターと捉えると、IoTなどでも用途は拡大すると思います。
2018年2QのPC出荷台数の調査結果でも、2012年1Q以降初となる成長率増を記録おり、PCの需要が高まっていることが示されています。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1133180.html
Jun katoさんが述べたように言い訳的。さらに、サーバー向けを優先してパソコン向けの値上げを図るという優越的地位の濫用と、競争当局に認定されないためか、とさえ思う。私が素直じゃないので。
QualcommのARM Windowsがもっと発売されて欲しい。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
24.7 兆円

業績