新着Pick
541Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「生命科学関連でオススメの本を教えてください」という質問を最近頻繁に受けるので、こちらで全部紹介させていただきました!おもしろい本ばかりなので、推薦理由とともに是非ご覧くださいませ。
あと これも『ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか? 生命科学のテクノロジーによって生まれうる世界』
https://goo.gl/8bqDVu
「ビジネス酒場」での成毛眞さんとの対談を聞いて、高橋さんの広範な知識量に驚きました。こうした読書に支えられていたのか、と納得しました。
ビジネス酒場で成毛さんと高橋さんの対談がとても良くて刺さりました。お二人ともすごく本を読まれるんですよね。成毛さんのHONZなんかも参考にしてますが、高橋さんのお勧めも是非読んでみたい。
生命科学の進展は予想以上に速く、新たな発見が相次いでいます。日本発のiPS細胞はもちろん、それまでのゲノム編集技術より高い精度を持つCRISPR/Cas9は難病の治療だけでなく農畜産物の改良などにも使われ、今年のノーベル賞のイチ押しテーマ。また、人工的に生命機能を作り出そうという合成生物学の分野も活気づいています。

ところが分子レベルでの詳細な生体メカニズムが徐々に分かるにつれ、それと反比例するかのように生命の神秘は深まるばかり。未だ群盲象を評す状態を抜け出ていない印象があります。それだけ生命科学や脳科学、医学などの分野で、やるべきことは非常に多いということなのでしょうが。

私のオススメは、「遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える」(原題:The Language of Life)。著者のフランシス・コリンズは、ヒトDNAを構成する塩基配列を解読した国際ヒトゲノム・プロジェクトの代表として活躍し、現在はNIH(米国立衛生研究所)所長。2010年の出版で今では半ば当たり前の認識になりつつありますが、熱心なキリスト教信者でもある著者が、パーソナルゲノム医療の未来を語っています。
「ジャンクDNA」読みたい。「真理の探究」も。顕微鏡をブックスタンドに見立てた記事中の写真いいな。
エピジェネティクスはいま入門書読み始めたけど面白いよ!出産前の環境が、寿命を決める要素になったりしてて、遺伝子だけじゃ何もわからないってことが不思議😌
ビジネス外の本の方がビジネスに役立つことは多い。
生命や宇宙、科学は、様々な原理原則を教えてくれるので本当にためになります。
興奮する