新着Pick
484Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
地裁の判決が出たようです。著作権侵害+不正競争防止法違反の二段構えの訴えだったと思いますが、任天堂のリリースによれば地裁は不正競争防止法違反を認定したように読めます。著作権侵害に関する判断も含め、判決文が待たれますね。
あれだけ外国人にニーズがあるのに、もったいない気もしますね。
衣装のクオリティ含め諸々の精度アップさせて、任天堂に許可をもらう方向で継続したらいいのになと思います。
本家本元が嫌です、って言うなら無理だけど。
年間の売り上げの何パーセントかを献上する形で。マリオカートのオリジナルのアイデアは任天堂だし、それを無視して商売するのは間違ってるけど、現実世界で実行に移してニーズを満たしてると思うと、それもありな気がしてしまいます。
当然の判決でしょう。
マリオカートに便乗しているのは一目瞭然。

万一事故が起これば、(黙字の名板貸などで)任天堂が訴えられる危険性もあります。

不正な便乗商法は止めましょう!
提訴のニュースを見てから久しいが、道路では引き続き見かけていたので、てっきり和解でもしたのかと思ったら、係争中なのに営業を継続していたんですね
日付を見てみるともう一年半前。
https://newspicks.com/news/2085837
道路交通的には邪魔でしかないですが、インバウンド向けのコンテンツとしてはアリかとは思うので、是非、任天堂さんに公式サービスとして仕切り直して欲しいところです
妥当な勝訴。そのうえで、観光資源的にはニーズがあったから、今度は任天堂オフィシャルでサービス提供したら面白いかも。安全面などをバージョンアップして。
普通にアウトな案件ですよね。
観光客に人気があるのに勿体ないと言っている人もいるようですが、「ブランドバッグのコピーは安くて皆が欲しがっているのだから、質が悪かろうが禁止せずに本家のお墨付きでも貰って売れば良いのに」というのと同じです。

装飾品なら質が悪くてもせいぜいすぐ壊れて買った人が損した気分になるだけですが、自動車だと最悪死人が出ます。その時に一番イメージ被害を被るのは、ブランド主たる任天堂ですよね。
司法判断に加え車両保安基準の改正で行政も動いているので敗色濃厚。まあ当然の結果ですね。
最強の法務と言われている任天堂相手となると、業者側はかなりの覚悟をしておかなければいけなかったでしょう。これから控訴していくのかどうか。
マリカー側敗訴ですか。
マリオカートを意識していたのは誰しもがわかりますが、どのようなロジックで違法にされたのかは気になるところです。
当然の判決。

任天堂がオフィシャルでやってくれれば面白いけど、子どもの安全を何より考えるからないだろうな。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.39 兆円

業績