新着Pick
171Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
宿泊業は大きな2つの問題を抱えています。
一つ目は労働生産性の問題。これはざっくり言えば労働者1人当たりが生み出すGDPですが、日本はアメリカの6割程度。宿泊業に限って言えば全業界平均の1/2程度の水準ですからまだまだ伸び代がある状況です。
次に有効求人倍率の問題。都道府県別に見ると一番低いのは沖縄ですが、それでも1倍を超え、東京は2倍を超えて高止まりしています。どこも人が採用しづらい時代なのです。
これらの問題に対して、変なホテルは抜本的な課題解決になり得ると期待しており、注目しています。
変なホテルについてはとても興味があるので過去も何度かコメントしてますが、一番気になるのはなかなか追随する企業が出てこないこと。
https://newspicks.com/news/3250772
人手不足もありロボット化無人化は不可避な流れだと思うのですが。飲食もそうですが、ロボット接客蛾当たり前になり「人間様」が接客するというのはハイエンド高付加価値サービスになっていくんだろうな、と感じます
一方で、本記事で「変な」は変化するという意味だ、と語っているように、とこまでを人がやるかは今でも試行錯誤している、という記事もありました
どのくらいのスピードで100店舗作っていけるのか、大注目しています
連日同じようなコメントで恐縮ですが、苦境からのリカバリーや新しい挑戦においては、ビジョナリーかつ腹の据わったトップが力強いリーダーシップでトライ&エラーを繰り返すというのが重要だと改めて感じました。
多様な人間の集団である会社組織がより良いパフォーマンスを出せるかは、その構成員の総熱量を高め、同じ方向に向けるかにかかっており、そこでのトップの役割は非常に大きいと思います。
Amazon Goもそうだが、サービスが実証実験であること自体が顧客にとって価値、の世界観。

業務効率化によるコスト削減はもちろんだが、R&D費用でマーケティン費用を一定程度賄っているところにも、変なホテルの強みはありそう。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社エイチ・アイ・エス(英語: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 ウィキペディア
時価総額
2,655 億円

業績