新着Pick
1287Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体的によくまとまっています。

以下気になったところ。

>その後にまた血糖値の急降下に襲われ、イライラするので糖質が欲しくなるのです」
これを糖質中毒と呼んでますが、本当ですかね?血糖が下がるとイライラするのだろうか?

> たとえば、ランチにおにぎり3つを食べるならまず11時に1つ。そして13時、15時に1つずつと、小分けにして食べてください。
これはたまに聞きます。でもまだ結論の出ていない理論です。
https://www.healthline.com/nutrition/how-many-meals-per-day
食後の眠気や倦怠感はよく知られた現象ですが、その科学的な理由については、記事に記載されているほど明確になっているわけではありません。健康で薬も飲まれていない方に低血糖が起こるのは比較的まれで、眠気を低血糖だけで説明するのは少し乱暴と感じます。

正常な方の体内では、様々な種類のホルモンの働きにより、血糖値は比較的厳格にコントロールされています。血糖値と脳の働きに関連があるのは間違いありませんが、健康な方の身体の中で起こっていることを血糖値だけで説明することは難しいと思います。読者の夢を裏切るようなコメントで申し訳ありませんが。

たとえば、食後にインターロイキンと呼ばれる、炎症の際に作られる物質が増えることなども知られており、それが食後の眠気に関連しているのではないか、などとも言われています。体内で起こっていることは、そんなにシンプルではない、ということだと思います。

健康な方の食生活に関しては、科学的根拠の乏しいことがほとんどですから、雑誌の記事には踊らされすぎず、食事は適度にバランスよく、程度の理解で良いのではないかと思います。
Saito K 氏のコメントにあるリブレは面白いです。上腕の背側とかに小さな器具を付け、そこにリーダー(読取器)を近づけると血糖値がすぐに分かります。海外ではフェリカ機能付スマホで読取可能らしいです。果物等を食べた時とか数値がみるみる上がります。同僚はハマっていました。食べ物の違いによる上昇度合も把握していたようです。ダイエットを真剣に考える場合はいい道具だろうと思います。
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/327441/092600245/?ST=SP-health
「できれば、朝日とともに目覚めるような自然な生活をすること。そして昼間はよく体を動かすこと。脳脊髄液がシャッフルされ、とらえたゴミが静脈へと流れやすくなるのです」

最後の一文が全てを表しています。いい睡眠にいい運動。
カロリーと糖質の観点では、ビール500ccとワイン1本が同じとは驚いた。ワイン好きとしては、嬉しいデータ。
あとで読みます。