新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業と株主・投資家の関係も変わっていく時代。機関投資家の方と話していても、「いかに企業が投資家を『エンゲージ』していくか」といったような話が良く出てきます。

上場すると株主は選べないケースがほとんどですが、それでも、「楽しく株主優待」をコンセプトにしているカゴメや、10万人近い個人投資家をターゲットにしているユーグレナなんかは、多数の投資家をエンゲージしている例として有名ですね。

「上場すると、株価にのみ一喜一憂する不特定多数の株主に振り回されて・・・」という話になりがちですが、ここで紹介されているエメラダエクイティのような仕組みが広がっていくことで、未上場の段階から、ファンになってくれる個人投資家がついてくれるのは良いムーブメントだと思います。

Runtripはサービスそれ自体としても好きですが、それ以上に、こうした仕組みを通して、投資家と企業が見えない冷たい関係ではなく、サービスの思想に共感しあうコミュニティとしてエンゲージされるようになっていってほしいですね。今後のさらなる広がりに期待です
世界中で夢や目指すことへの共感を軸にしたコミュニティが形成されつつある。それは会社の形や投資の形を変え、最終的には土地をベースとしたコミュニティと言える国家を変えると思います。

これは人類社会が一定以上裕福になったことによる不可逆的な大きな変化。
この思想自体は昔から存在していたが、ミレニアル世代で一気に拡大し、過去の貨幣価値のみを絶対主軸とした価値観に変化をもたらすレベルまで来ていると感じます。
"「サービスへの共感値が高い個人」を事業運営に巻き込んでいくことの可能性を、非常に強く感じています。"
いつの時代も同じだと思いますが、クラウドファンディングが登場してからは共感や熱量が人数や金額で可視化されるようになり、より多くの共感を巻き起こすという循環が生まれやすい。
株主って本当はその企業と同じ船に乗る、仲間の一人であることが望ましいんですよね。なのでこの動きは本当にいいと思います。
消費者向けのサービスじゃなくてもこういう方向で出資募る方法ってまだあんまりないけど、もしかしたらまだ工夫の余地があるかもしれないな、と思いました。
大森 向かい合わせの「対面」の関係にならないようにしているつもりです。どちらかというと、経営者、出資者という役割にとどまって向き合うのではなく、仲間として、同じ方向を向けたらと思っているので。お互いに「与えて、与えられて」という関係性ではなく、「一緒に作ること」という関係性になっていきたいですね。」(記事引用)

21世紀的な協働の基本型。VUCAの時代には、同じ方向を向いて助け合えるステークホールダーの関係性が、何よりのアセットとなる。
ある意味、ビジョナリー・カンパニーの「正しい人をバスにのせる」の考え方の新たな形態のように感じました。
同じ熱量を持った人達の集団とすることで、ポジティブな経営ができるというのは興味深い仕組みです。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート