新着Pick
562Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音声コントロールまでは誰でも考えるし、それなりの企業であれば実現できます。
しかし実際に繋ぐ家電まで作っちゃうのは、販路まで自分で抑えているAmazonだけでしょう。
スマート住宅の実現のトップランナーはやはりAmazonになりそうですね。
期待の一方、日本の家電メーカーは大丈夫なのかちょっと心配になります。
スマートスピーカーって、提供者から見れば公認された家庭での会話の吸い上げ機なので、あらゆる家電につけて、家庭に入り込む可能性を増やす、シーンを増やすというのは確かに合理的なんですね。当たり前ですが、吸い上げられるとしても使いたいechoならではの付加価値をどう出すかが勝負ですね
電子レンジまで!そのうち冷蔵庫が中身を教えてくれるんだろなぁ
一家庭当たり、一人当たりのEcho所有数を増やしたい狙いがあるんでしょうね。
電子レンジや時計は、本体にAlexaを内蔵していない。声が届く距離も、音声を認識できる距離にも限界がある。その場所ごとにEchoを置く必要があるでしょう。

日本企業が何もしていない訳ではない。シャープもヘルシオや冷蔵庫ではAlexaのスキルを利用して音声操作が可能。高機能化、Amazonには無い機能で差別化は図れるのではないか。
『COCORO KITCHEN/COCORO AIR(※1)とスマートスピーカーとの連携(※2)について(Amazon Alexa(※3)対応のご説明)』
http://www.sharp.co.jp/support/cloud/ai_speaker.pdf

シャープは2年前から音声操作やメニュー提案など、AIを活用した機能を搭載してきた。下記記事では多数の酷評があるけど、的外れでも、無駄でも無いと思います。
Amazonが同様の機能を追加してきて、流石Amazon、これは便利などと評価されるなら、シャープがやってきた事は正しかったという事でしょう。

『調理器具にレシピ送信…業界初の「IoT冷蔵庫」発売へ シャープ』
https://newspicks.com/news/3226360/
『シャープ、音声で相談すると最適な献立を提案する「ヘルシオ」を発表』
https://newspicks.com/news/1650883/
電子レンジは調理の可能性が広がりますね。電子レンジとして何処までセンサーが搭載されているかが重要です。赤外線温度センサーが付いているなら、欲しいかも。温め直しする必要無いし、65度に温めてとか、カチカチのアイスを0度に温めてとか、使い勝手も向上しますし。
個人的には時計とEcho-Inputが魅力的に感じた。dotも新しいデザインになりこちらの方が好きです。
岩田さん
→アレクサって白人なんですか❓

最近うちでは、アレクサは冬眠中…
いじって遊ぶのにちょっと飽きた感あり。
電子レンジに心が動いた
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績