新着Pick
655Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは楽。公共サービスのネットサービスは非常に使いにくいものが多く辟易とする。LINEのようなインターフェースを使えるのであればその方がいい。さらにGPS情報とか付けて、引き取り場所も簡単に登録できたらなおいい。他の自治体にも広げて欲しい。
LINEは仮受付で、本受付はメール。LINEで全て完結するわけではないようだ。ただ、実証の主眼はボット等よりもキャッシュレスだと思うので、何を検証したいのかが気になる。

LINEにとっては、既に福岡市のLINEでは30万人以上が「友達登録」されているが、仮受付の段階で住所、電話番号、メールアドレス等が手に入るのが大きい。このデータをさらに活用する計画もあるのだろう。
こういう役所系のやりとりはもっともっと電子化、自動化してほしいところ。来月の引っ越し準備をしていると、もろもろの届け出系の手間を考えただけで憂鬱になります。。。
生活の諸々がLINE×チャットボットで完結していけば利用者にとっては便利ですし、そこに決済としてLINEpayも完備されていけばより強い決済付コミュケーションツールになりそうです。
インフラ化への第一歩!すごいですね。
Wechatみたいに水道代とか電気代とか支払えるようになるといいなあ。
この実証実験の結果に期待!
人的コスト、事務的コストなどどれだけ下げれるかのアウトカムを見たいです。
最終的にコンビニになりにシールを購入しに行かないといけないのであればあまりメリットを感じない。
もう一歩進化して欲しい!
こういったサービスは認知されずに、結果使われなかった…となってしまうケースもあるので認知と合わせて前向きな効果が出ると良いですね。
全てがウェブでスムーズになることを期待!
さすが福岡市!
さくらインターネット株式会社(英語: SAKURA Internet Inc.)は大阪市北区に本社を置く、ホスティングサーバを中心とするデータセンター事業およびインターネットサービス事業を行う企業である。日本のインターネット黎明期よりホスティングサーバの提供を行っており、日本最大手でもある。 ウィキペディア
時価総額
263 億円

業績

業績