新着Pick

ニトリの物流戦略はここまで徹底している

東洋経済オンライン
「お、ねだん以上。」でおなじみの、家具・インテリア製造販売チェーンのニトリホールディングス。2017年には展開店舗数が500店を超え、日本全国47都道府県はもちろん、経済成長著しい中国でも20店舗以上を展開し…
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ニトリの物流戦略は、この数年で一歩も二歩も進化しました。
それは、小型店舗の出店攻勢と、オムニチャネルへの挑戦があったからです。

ここでも紹介されている手ぶらでの買い物。
スマホで買い物をして、自宅に届けてもらう仕組みは、ニトリ物流子会社のホームロジスティクスの物流がないと成り立ちません。

そのホームロジスティクスは、ロボッティクスを活用して、ロボット倉庫や、アマゾンロボッティクスのような搬送機器を活用して、人不足や瞬発力などに対応しています。

この本は、私角井の本なので、言いづらいですが、アマゾンカテゴリーナンバーワンでもありますし、山手線の主要書店で新書トップ3に軒並み入ってますし、ぜひお買い求めください!笑
これからこんなお店がどんどん増えるんでしょうね。というか面白いリアルのお店はもっと増えて欲しい。
「2017年6月の「ニトリ渋谷公園通り店」のオープンをきっかけに「手ぶらdeショッピング」という新サービスが始まりました。ニトリアプリを使って、店内に陳列された商品の専用バーコードを読み込ませると、ニトリネットと連動し、簡単に買い物処理ができるというサービスです。」
???物流の高度化って単に大量輸送とかオムニチャネルの話じゃなくて各地の販売拠点に対してどこに倉庫を置いてハブアンドスポークで効率的な輸送をするかとか、海外からの輸入が多いなら何フィートのコンテナに共通化してそれをどこまで運び込んでどこでバラすかとかそういうところにあるんじゃ?これだったら戦略でもなんでもなくトラックドライバーさん頑張ってねの話じゃん。
角井さん渾身の良記事ですね。
ニトリの一気通貫したビジネスモデルの凄みが語られています。
生鮮食品の物流構築、弊社でやってみませんか??
株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.30 兆円

業績