新着Pick
590Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「魔法の粉」は写真では見せられないのですが、実際にラボで作っているものを池田記者と見に行きました。

ちょうど、粉状のインスタントコーヒーの黒いバージョン、と言った感じでしょうか。見た目にはなんということもないのですが、この粉がこれまでの電池性能を向上させる起爆剤になるというのです。

インタビューの中でもありましたが、この電池のパフォーマンスが上がることによって、「新しいマーケット」ができてくるというのがとても面白いです。
「空飛ぶタクシー」みたいなものも、電池がどんどん小さくなれば、実現に向けた動きがぐんと高まることになりますし、痩せた人しか乗れない、というような空間設計でなく、「ラグジュアリーで手頃な空タクシー」もきっと出てくるのではないかと思います。

2019年に商品(電池)が初めて市場に出てくるとのことで、その波及効果がとっても楽しみです。
iPhone向けのリチウムイオン電池を製造する中国ATLや、韓国サムスンが出資し、独BMWが提携を表明したばかりのシラ・ナノテクノロジーズは、かつてテスラの7番目の社員として電池開発に従事したスタンフォード卒の若き天才エンジニア、ジーン氏らが起業した電池スタートアップです。

リチウムイオン電池といえば、正極材のニッケル比率を上げることで大容量化を目指すということがなされてきましたが、彼らのアプローチは全く異なり、そもそも負極材をガラリと変える、というものです。

これが実現すれば、トヨタやダイソンが実用化を表明している「全固体電池」すら要らなくなる、と彼らは言います。それほどゲームチェンジャーとなりうる彼らの技術と狙いについて、洪記者とたっぷり聞いてきました。
アメリカに来てすごいなと思ったのは、こういう大学でやるような基礎研究をやるベンチャーが多くあること。それを可能にするのは

1) 潤沢な国からの研究費。民間企業も応募できるものが多く、それだけで社員を食わすことのできる額がある
2) アカデミアの人材流動性。アメリカとトップ大学の先生はこういう研究ベンチャーもやっている人が多い。博士卒やポスドクなどの高度研究人材も豊富

日本だと起業というと華々しいイメージ、博士学生とは対極のようなイメージがあり、ともすれば大学の研究は起業に意味ないなどという人もいるけど、アメリカではむしろこうした地味でめちゃくちゃ「博士学生」系のベンチャーが多くて、それがアメリカの基礎研究の裾野の広さにも繋がっている。宇宙でももちろん同じです。
いやあ、今あらためて読み返しても、わかりやすい、この回。
編集部に代わって貼っておきます。笑
「【超図解】世界40兆円が動く、「電池」のしくみ・技術・企業」
https://newspicks.com/news/2810308/body/
ここでも、負極材の材料がだいたい、「黒鉛」くらいしかでてきてなかったんですね。

さて、「魔法の粉」と言われると、マジックのタネを暴きたくなってしまうので、Sila Nanotechnologiesの特許探してきました。
(ただ、全世界に公開されているものを検索してきただけだが)
日本語で公開されている(=アメリカの企業がちゃんと日本の権利もケアしている=そこそこ重要と判断できる)ものの中で一番古いものがこれ。
特許5752696号。https://patentswamp.jp/patent/JP5752696.html

負極材は、リチウムイオンを受け取って、手放すことができればよくて、黒鉛(C)がよく使われている。でもリチウムイオンを黒鉛よりも少ない体積でたくさん受け取れる材料があって、それがシリコン(Si)。
ただ、Siはリチウムイオンを受け取ると膨張してしまう(要は、いっぱいリチウムイオンを受け取れる分、受け取った分だけ、でかくなってしまうという)。(ここまでは記事で書いてある)

世の中的に、Siを使うと膨張するというネガを解決するために、いくつかのアプローチがとられていて、Sila nanotechnologiesは、三次元の穴が空いた構造体の表面にだけ、Siを塗る、という方法を考えたようです。
うっすら塗ってあるだけだから、膨張しても、全体としての構造に影響を与えない、という考え方。
あと、SiがCにくらべて圧倒的に受け取る効率が高いので、薄く塗ってもトータルでプラス、ということかな。ナノスケールで三次元のアナボコ構造だから、表面積が多くできる、というのもデカイか。

このページが(僕にとっては)わかりやすかったです。
https://www.sigmaaldrich.com/japan/materialscience/alternative/lithium-ion-batteries/silicon-anode-materials-for-lithium-ion-batteries.html
全個体電池を葬り去る電池の新素材スタートアップ、という話。本当に実用レベルで普及する事になるなら、全個体電池の研究開発で世界に半歩リードしている日本勢にとっては大きな痛手となるでしょう。

このように研究者、学者がぱっと起業家とチームを組成してスタートアップとして事業化する土壌が、米国西海岸が世界を凌駕する強みであり、その点対局的に弱い日本の弱点です。もう20年近く言われ日本でもTLOただなんだと取り組んでは来たが遅々として進んでいなかったところ、この数年で、例えば私も政府の委員会等で大学研究発のスタートアップを多く目撃するようになるなど、ようやくこの数年で進んで来た感があります。ただ電池はNext big thingであり日本画強い分野であるにもかかわらず出てきていないのがもどかしい、頑張りましょう。
電池は化学の世界(化学の授業で習った!)。そういう意味で、素材開発が根本というのが真実。

シリコン負極材はずっと注目されている領域。
これまでにPickしてきたところだと、日立マクセルが米Kopinという企業に2016年に出資(①)、TDKはIntel出身の技術者が立ち上げた米国ゼプターという企業に2016年に出資(②、ただ今は会社HPもなくつぶれた?)。
Sila Nanotechnologiesについては、Crunchbaseをみると(③)、投資家にTDKの電池子会社のATL(Amperex Technology)もいる。
なお、負極材の世界シェアでは日立化成が3-4割ほどでトップだったと思う。

https://newspicks.com/news/1327958
https://newspicks.com/news/1806519
https://www.crunchbase.com/organization/sila-nanotechnologies
電池やイオン液体のような電気化学系がなぜか苦手で嫌になる。比較的単純な化学反応や触媒反応しかしてないはずなのに、どんな詳しい解説読んでもわかった気がしないんですよね。構造や原理はなんとなくキャッチできる一方で、その化学結合やエネルギーのスケール感がつかめてないからでしょうか。いやはや勉強しよ。
性能向上の為に負極材料を変えると言うのは真っ当なアプローチですね。
当然ながら様々なハードルは高いと思いますが、期待してます。
サムスンやATLは出資しているがパナソニックやソニーはどうなんですかね?
こういうところ、結構ちゃんと考えないといけないと思います。
まさに鬼才とはこう言う人の事を言う。
そのうちこの人には「元スタンフォード」「元テスラ7番目の社員」というラベルが要らなくなると思う。
それらの肩書きよりもっと社会を変えるレベルのインパクトをを生み出そうとしているから。我々も頑張らねば!
この連載について
起業家イーロン・マスクが率いるテスラが燃えている。最新の電気自動車「モデル3」の量産での苦戦が伝えられて以来、株式非公開化での迷走や、マスクの奇行まで、ゴシップばかりが伝えられている。一体、テスラの裏で何が起きているのか。NewsPicks編集部が、総力取材で、その真の実態をお届けする。
時価総額
4.19 兆円

業績