新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つい最近のことですが、自社のサービスのある変更において、全く同じような経験をしました。創業当初から手塩にかけて育ててきたサービスなので「こうすべきだ」というビジョンは明確で、そのための変更をしたのですが、事業をご一緒している沢山のパートナーさまからご意見をいただく結果となり、結果軌道修正をしました。本文中の交通渋滞ほどの社会問題ではないですが、市場に対しての配慮が足りなかったことが要因だと思っています。と同時に、改めて市場においての影響度の大きさを実感する機会となりました。
顧客のためは引き続きですが、経営者は社会の公器としての視点も確実に成長させていかなければいけません。田中さんのように学びの機会とし、引き続き精進していく所存です!
企業の存在意義について、創業後まもなく考える機会が与えられた。とてもラッキーですね。

法人にも人格があり、時を重ねるごとに品格が問われるようになります。

田中さんは色々な経営者と会い、シニアを組織に入れて、社会性を植えつけたそうです。
会社が大きくなると社会的責任もどんどん増えて、
ベンチャーの時に出来たやんちゃなことが出来なくなり、
コンサバな思考になっていきますよね。。
でもどこかで社会的信頼のキャズムみたいのを超えると
大きさのレバレッジが効いてきて一気に拡大するんだろうな、と。
だって遥かに無駄の多い大企業が利益があれだけ出てるのを見ると...
本当にこれは個人的な意見ですが
一体何を必死にたかがDBのフラグを追いかけるのかよく理解できません
んー本当にわからない
無形価値として消費されていると言われればそれまでですが、ほかの方が書いているようにそこには健全性や中毒性など、一定数注意を払わないといけない最低限のことがあってしかるべきでしょう
ある程度の規模の会社になると、ただ売り上げが伸びればいい、だけではダメなんですね。社会的な影響も考えた一定の責任が伴ってくる。メルカリにもありましたが、多くのスタートアップ企業が成長していく過程で、一度は通る「壁」なのかもしれません
インターネットで全てが繋がる時代には、ネットワーク効果を伴って急激に成長するプラットフォームの成長に、組織の成長が追いつかないことが起こり得ます。経営陣が意識を怠ったというより、プロダクトドリブンな加速度的成長をもたらすインターネットサービスはそれほどまでに破壊的で、時に手に負えなくなる。インターネット企業の経営者はアクセルと同時にブレーキも使いこなす、新たなスキルが求められるかもしれません。
とても重い回。
一部の人が使う場と、多くの人が使う場で、想定しなくてはいけないリスクが変わってくる現実。
「ネットビジネスの社会性」とは一体全体なんなのか。そんなことを深く考えさせられる。ネットが「バカと暇人のもの」と呼ばれ、一部のネットオタクが集まり、ある種のユートピアとして自由気ままに振る舞っていればよく、そこでビジネスを展開する事業者も、そうした「特殊な人々」だけを相手にしていれば順調に成長していけた時代はとうに終わったのだと痛感させられる。

コンプガチャ問題は、ネットビジネスだけでなく、政財界を巻き込み、壮大な粛清の場となり、その矢面の最前線にいたのがGREEだったわけだが、彼らが先駆者ゆえに時代の生贄にもなってしまったのは、当時も今もネットビジネスの世界に身を置く僕自身も居た堪れない気持ちになる。

メディア、インフラ、プラットフォーム。いろんな言い方ができると思うが、多種多様なプレーヤーが集まり、そこがひとつの経済圏となる場を生み出し、それを健全に運営していくのは、一事業者としてゴーイングコンサーンを突き詰めていくだけでは早晩壁にぶち当たるのだろう。そこに求められる価値観は何なのだろう。モラルという一言では済ませられないものが必要要件としてあるに違いないのだが、それを経営者の精錬潔癖さに帰着させるのは乱暴なのだろう。収益を生み出す事業体が持ちうる「社会性」とはなんなのだろう。僕自身まだ答えはない。
ゲーマーの私としては、ついつい夢中になり課金をしてしまう心理はよく分かります。ガチャも、もう少し考えて設計してもらいたかったですね。
スマホゲームよりもDS派だったので、そこまで夢中になってガチャを回し続けたことはありませんが…(さすがにこれは餌食なっていると途中で気が付きます)けれども、当時のガチャに関する説明はとても不親切なものでした。
これでは、子供たちには歯止めは効かないよね!!と分かりました。
スマホゲームで使われているカード利用を、海外のシステムだとリアルタイムでモニタリング出来るのですが、残高がなくなって、残高がないというメッセージを送っても、その後10回以上同じものに使い続けているカードのモニタリングを見ていて、恐ろしいなあと感じました。
それを見て自然とスマホゲームを止めた私です・・・
ここに本質があると思う
経営としての社会的責任って儲ける先に、こういう問題に取り組み続ける事なんだと考えさせられた

>本当に誰でも車が買える社会にするためには、例えば、車が10倍になっても、交通渋滞が10倍にならないことも考えなきゃいけない。
それができてこそ、10分の1の価格の車が本当に普及させられるわけです。
つまり、ものづくりばかりを、単なる「いい車」を作ることだけではなく、それが社会に受け入れられることも同じく考えなければいけない。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。