新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スティーブ・ジョブズは、有名なスタンフォードのスピーチで「connecting the dots」と言ってます。

人生は時々熱心にやっているものが、振り返ると、点と点がつながるようになっていく、私にとって、まさに、点と点がつながる瞬間でした。
子供の頃からのゲーム好きがたどり着いた仮説は「ゲーム+SNS」。モバイル時代には、誰でも参加でき、楽しめるコンテンツが必要と考え、この仮説にいたったそうです。

1万時間を超える時間をゲームに使い、ゲームの達人の域に達していた田中さんの脳が、田中さんの人格やビジョン(仮説)を作り上げたといえなくもない。

Connecting the dotsとは、脳内神経がつながる瞬間かもしれませんね。
田中さんが感動したという掲示板サービス「宙」。これ私めちゃハマってました!毎日見に行ってましたね笑 防人めっちゃ懐かしいなぁ ^ ^
でも、確かにユーザー同士の交流を生むいろんな仕掛けがあって、掲示板なのにゲームのようなのめり込む楽しさがありました。育てゲーの要素もありましたし。ソシャゲの誕生に宙が関わっていたなんて、元ユーザーとしては胸熱です。

ちなみに田中さんの写真の表情が、純粋に宙を楽しんでいた頃の表情に見えて、勝手に嬉しくなりました笑
マス広告うまくいったよねぇ。
ゲームにはひと通りハマって私は、この仮説は良く理解出来ます。ガチャがもう少し良心的なら、もっと安定した事業になったと思いますが…

ところで、田中さんの仮説によると、NPは流行らないサービスということになるのでしょうか?

>文章を書く、という行為自体が敷居がすでに高く、もっと敷居>を低く、誰でも喜ぶサービスを作らなければと思ったのです。

NPを主にスマホでちまちまやって楽しんでいる私は田中さんの仮説に当てはまらないということでしょうか?
そこがすごく気になる…
モバイルインターネットとゲーミフィケーションに早くから重点を置いて戦略立てしているのは本当にすごい。
マス広告戦略も含めて、あらゆる仮説立証を繰り返すことに成功の秘訣があることに気づかされます。
TVCMでゲームをバズらせる、というセオリーを作り出された、ことを思い出しました。また、SNSゲームの、当時のユーザーは、おそらく、ファミコンゲームの世代で、ライトなゲームへの親近感があり、その点もユーザーに刺さるポイントだったように推察します。
クリノッペ懐かしいな。CMの放送時間と登録時間で効果測定したんですね、なるほど
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英語: KDDI CORPORATION)は、東京都千代田区飯田橋に本社を置く、日本の電気通信事業者。ブランドスローガンは「Tomorrow, Together」(2019年5月15日 - )。 ウィキペディア
時価総額
8.82 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン