新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしい。その成果を是非APIで公開して欲しい。NVIDIA DGX-1を50台揃えるのはスタートアップでは難しいです。
weather news愛用しています。

気象は基本的に偏微分方程式を解く解析的な手法が主流ですが、最近学習ベースの手法も採用されるようになってきているということですね。

余談ですが、東京オリンピックの開会式が開催された10/10はその後しばらく「体育の日」でしたが、これは過去の統計からみて最も雨天であることが少なかったためこの日にされた、という噂があります(多くの記事でそうではない、とされていますが)。


体育の日
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%97%A5
気象とAIの巨人がタッグ。気象はAIが最も活躍する領域の一つだと期待します。ウェザーニュースはこれまでも多くの改革をもたらしてきましたが、同社の石橋知博さんは「AI/Deep Learningも使って気象業界に革命を起こします」とのこと。起こして!
気象レーダーが不可欠なインフラとなっている現実を改めて認識させられました。
教師データとしての気象レーダーデータがあるからこそ、このようなプロジェクトも実現可能なのでしょう。

2018年度の気象庁予算では、全国20箇所の気象レーダーの老朽化にともなうリプレースと性能向上に、3億3300万円が計上されています。
https://www.jma.go.jp/jma/press/1712/22a/30kettei.pdf#page=5
この金額は、国家予算の規模からすれば微々たる額ですが、費用対効果は相当大きいはずです。
天気のデータを加えて分析するだけで、新しい発見が生まれる領域は多そう。
ウェザーニュースが、IBMの買収したWeather Companyの競合になるかも。
https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/weather-company-japan-launch/
これは良いですね。凄く良いですね。天気予報が次のフェーズに進むと思います。そして、より正確な天気予報によって、農業、ロジスティクスをはじめ、様々な業界をさらに良いものとしていくと思います。
衛星画像と雨雲レーダーの画像から、レーダーが届かない場所の雨雲を推定するみたい
すばらしい。
こういったプロジェクトに関われたらめっちゃ楽しいんだろうな。

これから様々な業界でデータ解析を通じたイノベーションこ起こると思うとわくわくします
気象レーダーの整備が進んでいない地域の降水分布も可視化できるようになるのではとのこと。
株式会社ウェザーニューズ(英語: WEATHERNEWS INC.)は、日本の気象情報会社。 ウィキペディア
時価総額
459 億円

業績