新着Pick
100Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
スズキジムニー試乗記(前回まで)
https://newspicks.com/news/3301696/
https://newspicks.com/news/3303824/
https://newspicks.com/news/3306176/
https://newspicks.com/news/3308821/

スズキジムニー試乗記5(総括)

改めて前方を見る。予想通りボンネットの左右先端が目視でき、車両サイズ把握性は完璧。車両の幅さえあればどこでも入って行ける気がする。しかも軽自動車サイズだ。

元々高所で視界も良く、運転する上で心理的なストレスは非常に低い。パッと乗れて不自由しない。コレはジムニーの最大の特徴だろう。
やれカーシェアなどと言うなら、本来こう言うクルマが理想だ。何が電動車だ。

ここで総括する。

ジムニーは以下の点で秀逸な自動車である事がわかった。
・ドライビングポジション
・車体サイズ把握性
・街乗り車速制御性

なぜそれが実現できているかと言うと、コンセプトが明快で、いくつかの部分を諦めてるからだ。

例えば車体に対する運転席の位置。
ジムニーの運転席は通常のクルマよりも遥か後方に位置し、前輪から離れた場所にある。

これはオフロード走行時車体が大きく揺れても適切に操作できる様、運転席は揺れが少ない場所に置きたい、前後輪から離れた車体中央に位置したい、という意図からである。

結果、フロントタイヤスペースの足元干渉が避けられ、右ハンドルの配置は素晴らしいものになったが、その分後席から荷室までを犠牲にしている。
後席はリアタイヤの上まで後退させ、後席と荷室を両立できない。

トランスミッションも極低速の車速管理を重視する意図で4段ATかつギヤ比を低く設定した為、高速でエンジン回転数は高くなり燃費や静粛性を犠牲にしている。

これらを諦める判断が出来なければ、全てが台無しになる。
もしそんなものだったら、私は試乗しようとも、ここでコメントしようとも思わなかっただろう。

コンセプトを明確にし、それに対して妥協なく真摯に作り込んだ。
そんなプロダクトはこの世の中そう多くはない。

ジムニーを作り上げたエンジニアの皆様、そして製品化したスズキに心から敬意を表する。

〈完〉

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
昨日はアップルの製品発表でしたが、まあ内容は予想通りで特にサプライズもなく、多分惰性で買うとは思いますが、今ひとつかなと。
それはそうと、一番期待していた新型iPad Proの発表がなかったのがショックでした。
10月に延期になるかも、という話は出ていましたが、こちらは買う気満々だっただけに残念です。

【今日の歴史】
1814年の今日ボルチモアのマクヘンリー砦がイギリス艦隊の攻撃を受けた。
戦い自体は単なる小競り合いだったが、砲撃後にはためく星条旗に感銘を受けたフランシス・スコット・キーが詠った詩「星の煌く旌」が、暫くしてして流行歌「天国のアナクレオンへ」のメロディで歌われるようになり、この替え歌が、何故かアメリカ国歌「星条旗」となった。
因みにそれ以前のアメリカ国歌「マイカントリー、ティスオブジー」もイギリス国歌の替え歌だったりする。
尚よく誤解されるが「星条旗よ永遠なれ」は全く別の行進曲で、アメリカ国歌ではない。
おお、大山さんの「今日の歴史」は米国は マクヘンリー砦!。函館五稜郭と同じ形をしています。
以下のブログの"画像情報"が参照になるかと。
http://shrimpfry.blog111.fc2.com/blog-entry-471.html

さらに、大山さん「今日の歴史」9/6版の、隕石が落ちたクレーターにできたドイツ中世都市ネルトリンゲンですが、その美しさも以下御参照下さい。
http://labaq.com/archives/51713209.html
皆さま、おはようございます!
涼しくなった日本から常夏のシンガポールに来ています。
昨日のフライトはANA特製スターウォーズ特別機でした😋
フライト遅れましたが、良しとします!
週末までまた蒸し暑さと共に…
May the Force be with you.

シンガポールは、F1で、ホテルがバカ高いです。