新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
市場の取扱量の減少は、スーパーなどの産直仕入れによる市場外流通の増加が原因で、コスト削減が目的だとすると、市場のハコモノが築地から豊洲に変わっただけじゃ厳しそう。
<追記>
1年半前に添付ダイヤモンドの記事にも書いたが、豊洲に移転するのはよいが、その場合には、それに付随する大きな問題点はしっかり開示し、都民の納得を得る必要があったことは言を俟たない。また仮に2年前に予定通り移転していたら、それから3ヶ月以内に環境基準の100倍に達する地下水の汚染が明るみに出て豊洲市場は大混乱の中で閉鎖に追い込まれていたであろう。少なくとも当時は「地下水を環境基準以下にする」という非現実的な合意が都議会と前知事の間でなされていたのだから。冷徹な事実分析に基づかない単なる政治的な批判合戦は非生産的すぎて相手にする気にもならない。

<原文>
もともと、今更6000億円もかけて巨大な中央卸売市場を作る必要はなかった。取扱高が現状維持できたとしても、豊洲市場は巨額の赤字を垂れ流し続ける負の遺産となる。しかも、安全には影響しないとされるが、地下水からは基準を大きく上回るベンゼン等が検出され続けるだろう。これは自民党時代の都議会の移転決議の付帯条件に違反する。

これらは、今初めて分かったことではなく、2年前から指摘されていたことに過ぎない。冷静に考えるべきことだ。環境問題、採算の問題などは、以下のダイヤモンドオンライン記事にて、詳細に説明されているので、感情論に流されることなく、事実を踏まえた議論をお願いしたいものである。
https://newspicks.com/news/2139173/
記事中の仲卸業者の方の「市場の取扱量が減少する流れを止めるのは至難の業」という言葉が全てを物語っている気がします。大きな流れに勝てるのでしょうか。
物流網が整備され、消費の仕方も昔とは大きく変わっている今、今まで通りの市場ではその価値はないでしょうね。

さらにあのゴタゴタがあったあとでは何となく敬遠したくなる気持ちにもなるでしょう。
流通が劇的に変わる中、「場」の優位性はどんどん落ちていくと思います。豊洲は「場」に安住することなく、新たなブランド構築に必死に取り組まないと将来は厳しいでしょう。市場機能だけでなく、インスタ好きの女子や、働き方改革で時間に余裕ができる家族をリピーターにして呼び込み、市場機能とは別の売り物をたくさんつくることだと思います。今、時代はライブとリアル。モノ消費からコト消費、さらにはトキ消費に移る中、B to C を視野に入れてほしいです。

ブランドは名前に宿ります。「築地」から「豊洲」に変わる時、相当な覚悟が必要かと。
スカイツリーと東京タワーみたいに、築地も規模は縮小しても
象徴として上手く残っていくといいですね。
長く積み重ねた町並みや風情は、
既に多くの外国人も認める、簡単には作れない日本の文化なので。
インバウンドで、何が他者から求められているか?
実とイメージのバランスもうちょっと柔軟に対応したほうがいいですね。
【社会】小池都知事のせいで、豊洲も築地も残る最も中途半端な形になったよね。「食のテーマパーク」とかわけのわからない案が出てきたけど、場外市場も残るし、豊洲への移転を見越して築地魚河岸もあるわけだから無駄以外の何物でもない。
出入りの業者さんが使える駐車場について、利用の可否が不明とのことで混乱が生じている。
PRも大事だが、混乱が起きないように進めてもらわなければならない。
必死に売り込めば売り込むほど問題が大きくなる。今からでもとっととあきらめて大田市場へ統合した方が良い。