新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ITセクターは自由貿易のリーディング業種だったが、米国ではいま急速に自由貿易の適用除外業種になりつつある。懸念は理解するが、まさにそのことが5G社会実装競争で中国に負ける元になりはしないか。ハードの値段だって随分違ってくる。アメリカのハイテクもいつまで「上から目線」だと寝首かかれるぜ?
深圳のファーウェイ本部キャンパスにあるVRラボを訪問したことがあります。重たい機器を人間が背負うのではなく、クラウドの向こう側が計算を担当し、小さな機器でVRを実現する構想をうかがいました。
ファーウェイのDNAはあくまで通信インフラにあり、5G時代も黒子としてインフラを支える側に回る。その意識を強烈に感じました。
伝書鳩(GOTではカラスでしたね)、飛脚、モールス、手旗信号、TELEX、FAX、電話アナログ、デジタル電話 メール、SNS。ここ30年の間で1Gから5Gに進化しそうですが、中国は5Gだけではなく4Gとのコンパチで考えているところが現実的。4Gもスピードはまだ速くなるので、5Gだけ見ててはだめだと思う。気になるのは日本では5Gの議論があまり活発ではないようです。特に自動車業界は!
5Gのreadinessで他国を寄せ付けない中国の取り組みの方向性。6つのテーマのうち、既出でなく他であまり聞かなかったのは「デジタル・スカイ」。必読です。
低空域飛行といえばドローン。中国に分がありますね。5Gで、SFの世界が加速するようで、ドキドキします。
確かに航空管制をアップデートする余地は相当ありそうです。
ファーウェイの果敢な研究開発とビジネス開発の勢いを感じる、その裏にあるのは潤沢な資金と人材だ

業績