新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
懐かしい昔の話ですね.BASICでプログラムを書いて,カセットテープにsaveしていた80年代.フロッピーディスクが出てきて,1枚の容量が160kBと聞いた時,無限の容量を手に入れた気がした.Windows3.1の時代,Microsoft officeはフロッピー(2HD規格)20枚ぐらいで,インストールに次から次へと入れ替えが大変だった.全容量で数10MB程度だったのかな.
最近の学生はどうすれば効率的で速く美しいプログラムになるかをほとんど考えていない.電気炊飯器のある今,窯でご飯を炊ける人がいなくなったのと同じか.
具体的にはマリオだと雲と草むらは同じ形で色だけ変えています。クリボーの歩き方も左右反転で歩いている様に見せている。
あれだけの楽しさがたった40KBに納まっていたのがすごい。
思い出補正もありますが、体感で4GBくらいは楽しめた気がします。
あれか、僕の想像力が3,999,960KBくらいあったということか。
安東さんも書かれていますが,マリオの工夫については,このあたりの座談会が面白いです.
https://www.nintendo.co.jp/wii/interview/smnj/vol2/index5.html
ほんと現代のプログラマーは富豪だよね
技術や容量の制限がハードのスペック向上で緩和されていき、頭の中にあった構想が実現されていくに連れ、日本の存在感も薄れてきた様にも思います。

今は巻き返しつつありますが。
元KGBのソフトエンジニアが「全部この中に入っている」と1枚のフロッピーディスクをくれたのを思い出した。
このスピリットを継ぐのは、HTML5ミニゲーム。🎮
弊社でパートナー社からHTML5ミニゲーム200タイトルを譲り受け韓国でサービスを先行ローンチしましたがなかなか好調です。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.65 兆円

業績