新着Pick
1692Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
https://weeeks.jp/
このサービス気になる。。
堀江さんの最初の一言に尽きるのではないかなと思います。

”僕は他人のことに興味がないので、その答えは僕には分かりません。そもそも他の人に対して意見はありませんし、その人のライフスタイルに合わせればいいと思います。”

僕たちも堀江さんのライフスタイル見て、堀江さんだからできるとか、羨ましいなんて思っても意味がないので、さっさと自分にあったライフスタイルを見つけるということに集中した方がいいということでしょう。
現在進行形でホテル暮らししてます。
堀江さんが言うとどうしても「特別な人だから」で思考停止してしまいやすいですが、私のような一般人でも可能です。

あちこち行くことが多く、7~9月はB'zの全国ツアーをほぼ全て観に行っています。主に品川プリンスに泊まってますが新幹線も飛行機も乗りやすいので便利です。
家具も買わなくていいし掃除もしなくていいもで楽です。
宿泊費もそこそこのホテルでも1泊一万円以下に抑えることもできます。
郵便や住所はシェアオフィスのサービス利用で問題ないです。
これは感覚ですが、思考の柔軟性がとても上がった気がします。

ホテルにこだわりがあるわけではなく、今はこの生活が気に入ってるだけであって、また賃貸生活もするかもしれません。
ホリエモン氏の「人がどうかは知らんが自分はこうである」というスタンスが好感を持てます。常人には真似できないと思う一方、一週間単位でシェアハウス体験ができるweeksというサービスも出ており、週2~3万円と普通の家賃水準で同じような拠点なし生活を送れるようになっています
https://weeeks.jp/
https://jp.techcrunch.com/2018/05/14/teritoru-fundraising/
実際に代表の日置さん(20代女性)自身もそういう生活を行っており、そういう志向をもった若者も一定数いそうな気がしました
持ち家でも賃貸でもなくホテル住まい、という風にとってしまうとそりゃお金持ちならなんでもできるでしょ、という話になってしまうのですが、そうではなく「モノは持たない、(長期間)借りない」で「必要な時に全てシェアリングで賄う」という考え方とと捉えると全く違う地平が見えてきます。

住まいも同じで、必要な時に必要な場所でシェアリングで暮らすというライフスタイルも、あるいは所有or賃貸の二者択一から離れた、今後新しい生き方の形になる可能性を感じました。

それにしても、持ち家VS賃貸論争は、FP系や不動産会社系の企画でよくあり、それぞれ我田引水の結論を出し合う、ある意味ありふれた企画ながら、今回は全く違う視点からそれぞれの達人の話があり、興味深く、学び多いNewsPicks ならではの連載であったのではないでしょうか。
ホテルに住むのは大賛成です。私も物価の安いフィリピンのセブ島ですが、一度ホテルに住むとやめられません。
東京に住んでいるときはマンションに住んでいましたが、ホテルだと掃除も洗濯もやってもらえます。それにジムもついているので便利です。
セブ島ではコンドミニアムを買ったり、借りたりして住んでいる人がいますが、ホテルの方が断然コストパフォーマンス良いです。
東京だと何十万もかかるので大変ですが、セブ島なら10万円以下で実現できるので堀江さんのいう事がよくわかります。
「その人のライフスタイルに合わせればいい」
ここに尽きるのだろうなと思います。自分だけじゃなく家族の状況や仕事も含めて。
堀江さんと同じような暮らし方はやってみたくても到底できないですが、それは堀江さんと私が全く違うからなのだなぁと。

物に対する考え方についてとても考えさせられます。
私も物欲はないほうなのですが、捨てられないもの、増えるものとして思い出の品があります。これは結構場所を取っていくもので、最近は自分の思い出の品より、子供達のものに自分が執着してしまっているように思います。

ただ最近は終活などと言いますが、自分の持ち物は少なくしていくことが遺された人にとって良いのだろうと思います。
それこそ、故人のものはなかなか捨てられないですもんね。

家が広いとものを増やしてしまいがち。また広い家は子供達がいなくなってしまえば、寂しいもの。
シンプル、コンパクトにすることも大事なのだろうなぁと、普段シニア世代と接していると感じます。
持ち家にしても賃貸にしても、「同じ場所に住み続ける」という習慣は、紀元前1万年頃からの新石器革命=農耕社会の出現から定着した行為なのかもしれません。

堀江さんの「ホテルを転々とする」という習慣は、新たな狩猟採集社会の出現のさきがけかも?と想像してみると、面白いですね。
いいなぁこのインタビュー
インタビュー冒頭でおっしゃっている「その人のライフスタイルに合わせればいい」としか言いようがない問いでしょうが、衣食住は生活の基本ですし、人それぞれの生き方の一端を表すものとして、この企画での三者三様の答えは興味深いですね。
この連載について
不動産【家】の購入は、「人生最大の買い物」と言われる。しかし、国内の大都市では、投資マネーも入り、マンション・住宅価格は高騰している。この不動産市場の好況は、一体どこまで続くのか。