【堀江貴文】持ち家も賃貸も論外。僕はホテルに住む選択をした

2018/9/9
「新・不動産の勝ち方」特集で反響が大きかった記事「賃貸vs持ち家──私の答えを明かそう」をスピンオフさせ、3人の有識者に同じ質問を投げかける今回の企画。
初日は経済評論家・山崎元氏(60)、2回目はジャパネットたかた創業者の髙田明氏(69)に話しを聞いた。
そして、最終回の3回目は「ホリエモン」こと堀江貴文氏(45)に質問を投げかけた。
堀江貴文(ほりえ・たかふみ)SNS media&consultingファウンダー。1972年福岡県生まれ。1991年東京大学に入学(のち中退)。1996年、有限会社オン・ザ・エッヂ設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。2004年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役CEOとなる。2006年、証券取引法違反で逮捕。2011年懲役2年6カ月の実刑判決が確定。2013年3月に仮出所(同11月刑期満了)。著書に『多動力』『好きなことだけで生きていく。』など多数。
必要なのはスマホと服
──賃貸住宅に住み続けるか持ち家を買うか、今の若手ビジネスパーソンに対して、どちらを勧めますか。
堀江 僕は他人のことに興味がないので、その答えは僕には分かりません。そもそも他の人に対して意見はありませんし、その人のライフスタイルに合わせればいいと思います。
僕自身は、賃貸のマンション(六本木ヒルズレジデンス)に住むこともやめて、今はホテルとか友達の家に住んでいます。
賃貸に住むのをやめたのは、必要ないからです。「最適化」です。荷物が増えないという意味で、生活はかなり最適化されました。
──賃貸からホテル住まいに変えたきっかけはあったのですか。
堀江 やはり、(出所後の2014年に、六本木ヒルズレジデンスを管理する)森ビルから追い出されたのが一番大きいです。
そこからホテル住まいになったのですが、僕の場合、記者が待っているかもしれないし、入り口がたくさんないと困ります。ホテルであれば、いろいろな人が出入りしているので紛れられます。
別に、アパホテルでもドーミーインに泊まってもいいのですが、だいたいラグジュアリーホテルに泊まっています。その理由は、外国人の宿泊者が多く、有名人もたくさん来るので、僕にとっては「森」みたいなものだからなんですよ。
──定宿のようなホテルはあるのですか。
堀江 ん~、そんなにありません。2つか3つに決めているわけでもなく、いろいろなホテルに行っています。