新着Pick
301Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この夏に『甲子園という病』(新潮社)を上梓したこともありまして、色んな方からご意見をいただいたり、議論をいたしました。その中で、よく言われたのが『高校球児の全てがプロに進んだり、上で野球をやるわけではなく、高校野球でおわる子の方が多い。高校野球で燃え尽きたいという子に、球数制限があったら可哀想じゃないか』と。僕が思うのは『燃え尽きたい』というのは精神的なものであっても、肉体的なものであってはいけないということです。『彼は高校で野球を辞めるから、身体が壊れてもいい』という発想は虐待なのではないでしょうか?目先にこだわって高校生を故障させるのではなく、守る。ルール化されるまでもなく、制限できる指導者が生まれて欲しいです。


⬇︎⬇︎⬇︎彼のような指導者が出て来て欲しい

高校野球でMLB式の球数制限を導入?
神奈川の公立高が示したその可能性。

https://number.bunshun.jp/articles/-/831435?page=1


『甲子園という病』(新潮社)
https://www.amazon.co.jp/甲子園という病-新潮新書-氏原-英明/dp/4106107791/ref=redir_mobile_desktop?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=BA71BAZPQ2T2SBDWRKHN&ref_=zg_bs_2220228051_6
高野連には日程の緩和を早急に行ってほしい。夏の甲子園大会はもちろん、年間スケジュールの見直しについても。NHKや朝日放送から正当な対価として放映権料を支払ってもらい、それをスケジュールの緩和で生じる費用にあてる。この夏、放映権料を買いに来た海外放送局に対し、学生憲章などを理由に売らなかったという話を耳にしたが、お金は社会を健全に回すために存在すると考え、高野連が責任を持って健全に活用すればいい。学生憲章も大事だが、選手の未来、加えて現在の健康も大事。
科学 VS 精神論。精神論を美しいと思う風潮がある限り、この問題は一気には解決されないでしょう。経済学でも証明されていますが、人は必ずしも合理的な判断ができるとは限らないという典型例の一つと思います。
"投手がいないのではなく、指揮官自身がリスクを恐れて、2番手投手の登板機会をつくってこなかったことに他ならない。"
もう監督に期待するのは無理でしょう。プロ指導者とは言いませんが、勝てなければクビになる確率は高まります。よほど信念がないと無理。ルールで縛ってほしいと監督も思っているのでは。
選抜廃止を。んで地方予選はトーナメントではなく、数次のリーグ戦に。球児の健康を優先した球数制限と登板間隔を設定。選手層の薄い学校は地域の他の学校と連合チームを組むことを認める。地方予選及び甲子園本戦のベンチ入り枠をプロ並みの25人に拡大する。

あと高野連の負担で甲子園をエアコン付きのドーム球場に改修ってのもありかと。
燃え尽きたい選手は勝手に肩を壊せばいい。
しかし、これから先を見据える選手を巻き添えにしてはならない。

甲子園を絶対的なものとし、そこに人生のすべてを賭けるのが美徳であるような空気感が、大学や社会人、プロにいきたい選手の成長を阻害する。

定められた投球回数、登板回数でも、そこに全力投球できれば、それは価値のあることだと思うのだが。
この夏の甲子園、決勝戦での金足農業の打川投手の好投はとても印象にご迷惑残っています。大阪桐蔭1失点に抑えました。
地方大会でも出番がなったとは思えなかったです。もし氏原さんがご提案のように、地方大会がリーグ戦となり、負けられない試合ばかりではなくなれば、打川投手のような選手の更なる成長が大いに期待できると思います。やはり実践を積むことにはとても意義があると思います。

暑さ対策も、今年は開会式で水分補給を全員で行い、応援席には扇風機を置くなど工夫は見られましたが、地方大会も含めるとやはり暑さ対策として十分だとは言えないと感じます。

弥藤さんのお話もとても考えさせられます。甲子園を子供の頃から目指してきて、多くの人は高校野球で悔いのないようにプレーするのですね。
高校まで野球をしてきたことはプロ野球に入らなくてもその後の人生に大きな影響を与えると思いますが、最後なら何としても勝ちたいと思う気持ちはとても理解できます。
だからこそやはりちゃんと規制しないとブレーキはかかりませんね。
日本版NCAAでも安全安心は最も重要な柱の一つです。
指導者のマインドを変えるためには、自助努力だけでは難しい気がします。ルールを変えることは指導者のマインドセットを変えるきっかけになり得るのではないかと思いました。
「甲子園至上主義」は、オールドスクールの規範で、現代では「パワハラ」です。ビジネス界ならとっくにレッドカードです。
勝利至上主義
勝負をすれば勝利至上主義に傾くのは仕方がないことだとも思ってます。なのでその方向に行きすぎないシステムが大切。ただ試合をしなければいいというのも極論なので、バランスが大切だと思っています。
この連載について
2018年、遂に100回大会を迎える夏の甲子園。時代の変化とともに“変わりつつある姿“と、旧態依然の両方に目を向けながら、未来の高校野球のあるべき姿を考えていく。