新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宇宙ビジネスといっても本当に玉石混合。バブルですからね。本気で人類の限界を押し上げようと頑張っているところも多くありますが、単に商品名に「宇宙」を含めれば売れるからそうしてるだけのところもあり、絵に描いた餅を本物っぽく見せて話題と投資を集めているだけのところもあり。僕から見れば透けるように見えるのですが、一般の消費者や投資家からみたら、気づかれずに踊らされていることもあるかもしれませんね。

バブル期の特徴としてどうしても話題になりやすいものにばかりお金が集まる。アメリカが強いのはSpaceXとBlue Originだけが頑張ってるからじゃなくて、ジャイロとかサンセンサとかソフトウェアとか、ぜんぜんニュースにならないけど重要な要素技術を開発する小さなベンチャーがごまんとあることです。そういう裾野の上に派手なことをやるSpaceXとかが成り立っている。日本もそういう、地味でニュースにも話題にもならないけど裾野を広げるには欠かせない堅実な技術をやるベンチャーが増えればいいのですが、なかなかそうはなりませんね。

ところでこの記事の小さなツッコミどころはどうしてトップ画が20年前のISSなんだろう(笑)Unityとザーリャ、現在ではあまり目立たないけどISSの礎を築いたモジュール。なんともマニアック(笑)
だいたい宇宙に興味があるって話から最初に出てくるのは宇宙飛行士と宇宙食ですね。普通の人はそれ以外に想像力働きません。
宇宙食のからあげクン?面白いこと考えるな~。そうか!きっと宇宙でもビールを飲みたいに違いない!からあげクンに対抗して、宇宙食「よなよなエール」の開発も目指すぞー!笑
宇宙産業としてロケット技術に注目が集まっているが、確かに、宇宙空間利用ビジネスはマーケットが大きくなっていきそう。飛行機の機内食ではないが、将来的に宇宙の環境の中でどれだけ美味しいものを提供できるかは差別化につながるだろう。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,048 億円

業績