新着Pick
806Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人データの価値は、ひとり26万円。EUがGDPRの検討を開始した2012年に推定した数字だ。いま推計するともっと大きな額になると思う。FBやGoogleがマネタイズしているのは、そのごく一部に過ぎない。

本件も含めて、いろんなところでトライアルが進んでいる。最初はうまくいかないかもしれないが、見ているより、参加した方が面白いと思う。
先日、融資からの撤退を表明した三菱UFJ信託銀行が、信託業務に特化した新たなビジネスモデルの構想を発表しました。いわゆる「情報銀行」のビジネスモデルです。

とはいえ、具体的にどんな内容なのか、その勝算はいかほどか。GDPRの施行もあって世界的に企業が個人情報の取り扱いに神経質になる中、ぜひとも彼らの思惑を知りたく、取材をしてきました。

非常に興味深い取り組みだと思いました。商業銀行ではなく、なぜ「信託銀行」がこのビジネスをやるのか、という点もポイントでしょう。今後はUI/UXがポイントになるという部分を百も承知の上で、覚悟を決めた彼らの野心的な取り組みの行方は、今後もウォッチしていきたいところです。
取材に同席させて頂きました。データは個人のもの。それを企業や行政など外部に提供するかしないかはアナタ次第、データのやりとりは情報銀行がやってくれるという個人ファーストな仕組み。活用例はいくらでもある?と胸が踊りましたが、池田記者とも話したのが、それを可能にするかしないかは、個人にとって使いやすいかそうではないかのU I次第だと感じた次第です。
おおおっ!! ノーニューフォークスタジオ(前回MUFGアクセラレータ入賞企業で会場審査では一番だったトコ)。
https://innovation.mufg.jp/detail/id=275
ブロックチェーンを使ったブログサービスSteemitの仕組みでは、個人が文章を書いて、それが読まれたり、引用されれば、個人に収益が還元されるようになっているけれども、それと同様に、nffのシューズを履いて歩ければ、三菱UFJ信託銀行の口座にお金が貯まっていくことですね。

本来、中央管理的な組織は必要ないと考えていましたが、信用力がもつ銀行のビジネスモデルとして、それをスムーズに、その他の金融サービスにリンクされることは、価値が生じますね。

ただユーザー目線でいれば、同じことがマネーフォーワードなどの、よりスニーカーを履く世代を対象とする企業の場合、家計簿アプリと連携するわけだから、より利便性が高くなることはないのだろうか? また、この仕組みの場合、データセンサーつきの靴をずっと履き続けなければならないのでしょうか?
GDPRの施行もあり、パーソナルデータを企業が預かる(or 企業に預ける)管理コストが、企業にとっても個人にとっても大きな負担になっています。

なかでも、個人認証にかかるコストが非常に重くなっています。
パスワードや印鑑も、セキュリティを破られるリスクが大きくなっていますので、生体情報(顔画像、指紋、虹彩、静脈パターン、etc.)に置き換える流れが加速しそうです。
最近話題になった三菱信託の情報銀行に関する詳報が分かる記事ですね。まずこのnnfのシューズ、欲しいです。
 システム基盤と運用コスト、データの守秘の点で収集の経路にスマホが最適かどうかを考えて行きたいと思います。
信託銀行に情報を信託してもらって運用する「情報銀行」となる。この三菱UFJ信託銀行のビジネスモデルは、今の時代が必要としている。

スマホなどで個人情報保護の事項をクリックして承認。この情報が取引されて、そしていつの間にかフィードバックされて自分の身に降りかかって来る。

私自身は極力ポチッと押さないようにはしているが、相当な量のデータが流れている。それを管理する仕組みを時代が必要としている。素晴らしい取組みだと思います。
データの領域においても加速度的に進む分散化の流れ。この情報流通の仕組みのパラダイムシフトの中で、「銀行」という中央集権的機構を作って管理を行うというのも過渡期としての一つの在り方かと思います。
一方で、この情報銀行は単一障害点となるリスクを抱えているのも事実ですので、そのリスクを「Decentralized Data Exchange」という分散型の仕組みで解決していけるかどうかが次のチャレンジになりますね。
この発想からこのような事業をこのスピードとタイミングでできていることに改めて驚きました…このデータプラットフォーマーの争い、熾烈になると妄想します…個人法人ユーザーの使いやすいUI/UX、利用料、セキュリティ…が比較項目になるでしょうか…引き続き、要チェック、と感じます。

「例えばわれわれが普段から取り扱っている「遺言」は、ある種、究極の個人情報です。そうしたデータを信頼して預けていただき、管理してきた信託銀行と、個人情報というデジタルアセットのビジネスは、親和性は高いのではないか。」
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
三菱UFJ信託銀行株式会社(みつびしユーエフジェイしんたくぎんこう、英語: Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation、略称:MUTB)は、2005年(平成17年)10月に設立された、日本の信託銀行。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社で、信託業務では三井住友信託銀行に次ぎ国内第2位の規模である。 ウィキペディア

業績