新着Pick
1873Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
目からウロコの連続でした。

中国アリババグループが、次世代の小売りモデルの「フラッグシップ」として生み出した、盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)の現地取材をしてきました。事前にいろいろな資料をみてはいたものの、目からウロコの連続で、消費者体験としてはアマゾンよりも一歩先を進んでいる仕組みを作り上げているようにすら感じました。

面白かったのは、開店直後は実際にリアル店舗にくる「オフライン」がほとんどにもかかわらず、ひとたび食品や魚介類などが新鮮であると安心すると、次からは続々とオンラインで購入する人が増えるという変化。このフーマーでは、かつての中国ではあり得なかった、魚介類なども「オンライン」で買うようになっていることでした。

アリババは中国全土の購買データをもとに、このスーパーの立地を決めているといい、半径3キロ以内の住民は、スマホアプリを通して、いつでも30分以内で無料デリバリーをしてもらうことができます。もし自分が中国に住んでいたら、まちがいなく「入り浸る」ことを確信しました。

アマゾンとは別の「未来」を描く、ジャック・マーの世界をぜひご一読ください。
アリババのニューリテールの成長率は340%
最も伸びている分野のひとつです。

最近のニューリテールで勢いがあってみなさんに知っておいてもらいたい企業のひとつがluckin coffee(瑞幸咖啡)。
今中国ではスタバを追い越す勢いで成長していて、先日のシリーズAラウンドでの調達は200億円。

やはりこれもニューリテールの考え方であるオフラインとオンラインの融合。

luckin cofeeの特徴

・店内で飲めるスペースはなくテイクアウト方式が主流

・利益度外視のキャンペーン
コーヒー1杯目無料
2杯購入で1杯プレゼント
5杯購入で5杯プレゼント

・アプリで事前注文、事前決済。
出来上がり時間が5分後等の通知があり待つ必要がない


スタバは日本でもそうですが、いつも並んでいるイメージ。
このluchin coffeeはアプリで注文、購入。指定された時間に取りに行ってもいいし、配達してもらってもよい。


このニューリテールに対抗して、スタバもアリババと提携してデリバリー事業に乗り出してます。


どんどん熱くなるニューリテール業界

目が離せません。
アリババが大きなテーマとして掲げているのは、ニューリテール。オンラインに完全移行するのではなく、実店舗とモバイルコマースをいかにうまく掛け合わせるか、に力を注いでいます。
そんな取り組みの目玉であるフーマーフレッシュは、一見すると、宙を行き交う買い物袋とシーフードの生け簀が印象的な、小洒落たスーパー。しかし、中の人の話を聞いていると、自社のECサイトの購買データなども用いて出店計画を練ったりと、さまざまなサービスを傘下に持つ巨人だからこそ持つデータをフル活用している印象を受けました。
中国のトレンドはOtoO(オンライン to オフライン)を超えて、OMO(オンラインマージオフライン)と言われ始めていますが、それがとてもよくわかる良記事です。レストラン、スーパーマーケット、移動、ホテル、家などなど、どんどんこうしたマージが圧倒的な速度にて進んでいます。

また、記事でもほんの一言だけ出ていますが、そこに莫大な労働力を掛け合わせることができるのも中国の強烈な強みです。結局のところどれほどテクノロジーが進化して無人経済だと言っても、表裏ともに現場を支える人はそれなりに必要であり、成長の強い源泉になります。
フーマーについて記事で触れられていない大事なポイントとしては、配送コストをどう捻出しているか、というところですが、生鮮は安いものの普通の商品についてはその辺のスーパーと比べると少しずつ高い、いわゆる「高級スーパー」であるという点と、フードデリバリーでも使われる、電動バイク配送屋さんが以前から大量にいて、安価(近距離なら100円弱)な都市の配送インフラになっているという点が非常に重要で、日本で普通のスーパーがネットスーパーを普通にやっても成立しないので注意が必要です
Amazon Goが出てきたときも衝撃でしたけど、フーマーフレッシュを中心とした「ニューリテール」のこのトレンドは本当にすごい。無人コンビニに出前アプリにショッピングモールの実験場。

アメリカでebayが「これからの時代はe-commerceではなくx-commerceだ」と喧伝していたのが2010年のInvestors' Dayでの発表でしたがその後あまり広がらず。日本でもO2Oやオムニチャネルなど色々と言われてきましたが、ユーザーのライフスタイルを決定的に変えるようなサービスは出てきていない印象。

リアル店舗の「オールドリテール」にペインポイントが大きいというのもひとつの理由なんでしょうが、色々とある中国のイノベーションの中でも、マネごとやコピーキャットではない本物のイノベーションだなと思う潮流の筆頭がこの「ニューリテール」。日本発ではZOZO SUITがある意味「ニューリテール」的な流れの一つだと思いますが、特にEC化率の低い食の領域での今後のイノベーションに期待します
中国ニューリテールの様々な取り組みはどれもとてもおもしろいのですが、共通するエッセンスは「小売を楽しくする」ことが目的という点だと認識しています。

生の海産物の見せ方なんて非常にエンタメ的ですし、決済・事前オーダー・試着などのテクノロジーは、便利というよりおもしろそうだから使ってみたくなる感じ。全体的にテーマパーク感があります。

日本の小売におけるテクノロジーは、効率アップや人手不足の解消がモチベーションになっていて、根本的に思想が異なると感じます。
コンビニやAmazonを統合・進化させた印象。
下記記事も併せてみて欲しいが、コンビニやAmazonは、一種の共同冷蔵庫。そしてそこに在庫を持つ(King HIDIEさんがAmazonの本質と言われている点)。それで儲かるかどうかが決まるのは、結局売り切れる力があるか、稼働がどうなるか。
売れるのであれば、「共同冷蔵庫」という設備の塊の回転率が上がる(単位販売額に占める固定費比率の減少)。また在庫が劣化するリスク(廃棄損)が減るにとどまらず、売り切れる時間とのバランスで品ぞろえを拡充でき、顧客の選択肢が広がる。
実店舗で購買できるから、最初の品質への不安がなくなりオンラインでの注文につながる。実店舗だけでなくオンラインからも売れるので、売り切る力が強くなるし天候要因などにも左右されにくくなる。原材料でも、調理したものも売るので、内食だけでなく中食・外食需要も取り込めて売り切る力が強まる。
これらで売り切る力が強まることで、上記の回転率と在庫の循環が極めて好調になり、さらに規模があるから調達交渉力につながる。
https://newspicks.com/news/1937877

あとは、この業態がどれくらいの人口密度のところで展開できるかがキーだろう。3キロ圏内というのがポイントで、都市型業態ではある。3キロ圏内10万人ということは、人口密度で約3000人で成立する?もうちょっと高くないと厳しい気がするのだが…政令指定都市のある程度の住宅街なら人口密度3000人は超えてくる(日本では地区ベースで約150くらいの地域がある)。
https://uub.jp/rnk/k_j.html
ニューリテールにニューロジスティック、そしてニューマニュファクチャリング!アリババの快進撃は止まらない!テンセントとの2強争い、そしてジャックマーに啓発されて続々と生まれるスタートアップ。中国をもっとよくしたい、世界をもっとよくしたいという使命感が原動力であると信じたいところです。昨年の今頃執筆し、昨年11月に刊行したアマゾン本の中では丸々1章35ページをアリババの分析に費やしました。そこで記述したリスク要因(中国と一体だと見なされるリスク等)が顕在化し、日本人向けサービス提供としての本格的な日本上陸が果たせていないことは残念に思っています。
このスーパー、行きました。スタッフには30分以内に配送完了しないと罰金ペナルティがあるので非常にテキパキ働いていました。
現地で、飲み物注文したらO2Oの注文対応のほうが(ペナルティがあるので)優先されるので、出てくるまですごーく遅かったです。
むしろリアル、オフラインのみが不利でした!目の前にいるのに~、こちらを優先して~(笑)
この連載について
世界のイノベーションの中心地であるシリコンバレーが、中国の新興企業の「研究」に必死だ。時価総額にして1000億円を超えるユニコーン企業が200社近くも生まれている中国を、NewsPicksが徹底レポートする。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績