新着Pick
261Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
素直、の意味にもよりますが、記事の限りですと、言われたことを文句言わずにやる、教えられたことに疑問を持たず受け入れる、ということなのかと。
それは極めて危険ですね。小学生くらいまでは伸びるかもしれませんが。
なんでやる必要があるのか、そう教えられてもこういう考え方もあるのではないか。賢い子達は、大人の言うことに屁理屈つけたがるものです。

で、それの夫婦円満の因果関係がまったくわかりません。確かに、家庭環境は子どもの成育に影響はします。当たり前です。夫婦円満に越したことありません。
ですが、子どもの学力のために夫婦円満でいましょうと言われてもできるものでなく、離婚していようが夫婦仲が悪かろうが、素直な子に育つことはいくらでもあります。
逆に、少年事件をみていると、夫婦円満でも、愛情のかけ方に問題があると、子どもも道を逸れることがあるのだな、と実感します。そういう親に限って、「うちの子はいい子で何も悪くない」と言ったりするんです。
夫婦関係の不仲は、子どもにとって百害あって一利なしです。過度な状況が継続的に繰り返されていた場合、心理的な虐待とも考えられます。NHKでも放映されて話題になっていましたね。

NHKクローズアップ現代:「日常的に繰り返される激しい夫婦げんかは、子どもの脳を傷つけている―」近年、驚きの研究結果が明らかになった。福井大学とハーバード大学がアメリカ人を被験者にして調べたところ、日常的に両親の暴力や暴言を見聞きしてきた子どもたちは、脳の視覚野の一部が萎縮していたというのだ。記憶力や学習に影響が出る可能性もあるという。
キモ!
あまりピンときませんでした。

そもそも素直な子ってなんなんでしょう。育てやすい子?言うことを聞く子? それは勉強教えやすいですよ、そういう子の方が。

でも、素直じゃなくても大丈夫です。むしろ素直ではない方がかわいい。どんな子供でも向き合って肯定して、気長に待って、出来ないところではなく出来たとこをひろっていけば、ぐんぐん伸びていきます。
学力を伸ばす価値が薄れてきてるので、そのための教育論の価値も低下するのではないでしょうか。