新着Pick
185Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジーが教室の中で普及すれば、個別習熟度別学習が進んで「混ぜる教育」も可能になるかもしれません。

特別支援学校における教育用コンピュータ 1台当たり児童生徒数は、2.7人と他のどの校種よりも整備されてます。小学校は6.3人、中学校は5.5人(※)。

ただ、やはり現時点では教員の方々の負担が大きく、「混ぜる教育」を行うには教員の働き方改革が必要と考えます。

※文科省「平成29年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査」
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/08/29/1408157_001_1.pdf
文京区の低所得家庭を支援する「子ども宅食」事業に関わっています。そこで気づいたことは、情報共有の制約により、困った方へ支援を届けられていない現実でした。
個別支援の重要性は共感しますが、単純に行政の役割を大きくしても、必ずしも効果が高まらないことを危惧しています。行政よりも、企業・NPO側で社会課題解決の担い手をすこしでも増やすことが先決だと考えています。
教育や年金をパーソナライズしようとすると、どうしても「大きな政府」になっていく。リベラルとして自然なことなのかもしれないが、いまの時代にそれは簡単ではない。
ただ、テクノロジーを使い倒せばそれも可能だ。具体的にはデータとAIの活用。例えば、ボットと会話しながら、どのくらいの年金がほしいかを決めていく。
そこで、マイナンバーやマイナンバーカードについて触れてほしかった。これは民主党政権で成立し、自民党政権で実装しているが、複雑骨折のようになっている。

もうひとつ触れてほしかったのは「家族のあり方」。保守政権で従来の家族観を変えるのは限度がある。ただ、新しいかたちが必要だろう。
例えば、上野千鶴子さんは「孤独死」を「在宅ひとり死」と前向きに認めてはどうか、と提唱している。これまでの家族観だと、子供との同居や近居を奨励することになるけれど、それだけで状況が変わるとは思えない。
子育てについても、家族のあり方をアップデートすることはできないのだろうか。

全体を通して、評論にとどまらず、具体的な提案に踏み出し、著書では「より実効的なアイデアがあれば、私はすぐにあなたのアイデアに転向します」という姿勢がいい。
職場も、もっともっと「混ぜる」べきだと思います。ある特定の型のみが評価されるのはヘルシーとは言えません。
区別から「混ぜる」教育に関しては賛成。
元来、日本の精神性として、一神教にある「分離」ではなく、やおよろず的な「曖昧」があるはず。ここに今一度立ち戻って行くことが、これからの時代には必要なのではと思います。

全体を通じて、弱きものを助ける、困ったことを解決するという考え方については大変共感できました。ただ、解決方法を見ると大きな政府にならざるを得ないので、制度で補填する解決方法ではなく、個々人の価値観を醸成していくことに重きをおく必要があると思いました。
格差の固定化にしてもそうですが、「混ぜる」ことは本当に重要になっていると思います。デメリットも指摘されたりはしますが、全体を考える視点がなければ、脆弱性は高まるばかりでしょう。
混ぜるというのは、本当に共感です。世の中でそんな白黒はっきり分けられるものは少ない。見る立ち位置・角度、見る時までに養われて来た価値観・考え方、そこは複雑にクロスするものだなと思います。
日本人に一番足りないのは、人との違いを受け入れる力。戦後の復興を支えた一億総中流意識は、一定のレベルまで必死に頑張って役目を果たしました。グローバル、ダイバーシティが当たり前の世界では、違いを受け入れる力が必要です。また、違いは差別するものではなく、敬意をもって認識することも重要です。一人一人、違うのですから、お互いにその違いを尊重し合える社会にしていかなければならないのです。
今日もかなり刺激の強いご提言、と感じます。混ぜる教育の意図、よくわかります。が、今のままでは、教育現場が破綻しかねないのでは…と感じます。より多く投資を行い、教育現場を人、インフラ面で整備することが欠かせない、のではないでしょうか…医療や介護に加えて、教育のお金の出どころをもっとつくる必要があるように感じます。
異質と触れ合って自分の中に多様性を生む!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。