新着Pick
129Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
平日6時には帰宅してる。ボスはたまに「息子のリトルリーグの試合が近くて特訓あるから帰る」といって3時に退社することもある。

結果残してりゃ誰も文句言わない(というか誰も労働時間を管理していない)。逆に言うと、どんなに働いてても結果だせてなきゃ契約更新はないし、そもそも緊急事態を除き6時以降にオフィス残ってたら「処理能力が低く、自己管理もできない無能」のレッテルを貼られかねない

賃金はインプットでなくアウトプットに応じて支払われるべき
毎日遅くまでパソコンに噛り付き、頭脳を動かさずに指先だけの生産性の低い仕事に埋没して、家族との食事も楽しめない日本の働き手たちを考えると伊藤忠の策は英断と言える。
しかし一方で、人生には徹夜も含めて死ぬ程懸命に仕事に没頭することが何度かはあるものだ。それは貴重な時である。それをルールで禁止することは如何か?
問題はこういう事を会社にルールを作って貰わないと自律出来ない弱い人間ではないのか?
ワケあってのたまの残業はいいと思う。常態化がいかん。ダラダラにお金払うことできない。
岡藤社長の大改革。これで他の商社に比べて伊藤忠がダントツに成長したらやっとおじさんたちの目が覚めるんだろうが、その頃にはそのおっさん達は引退済みか。
残業が続くと、夜10時でも、まだ10時だと思い遅いのに麻痺してくる。夜に大学院に行けば、2年でMBA等が取れる。毎日のサイクルを変えると人生も変わるかも知れない。
業って、カルマですよね。カルマ残すと、因果応報が待っているんですよ。
ですから、残業は止めましょう。
山崎さんのおっしゃる通り、ワケあってたまになら相殺出来るので問題ないんですがね。
働き方のニーズはずいぶん変わっているのに、企業が変えようとしない。アルバイトパートの募集も未だにフルタイムで募集しても、そんな人居ないのだから来るはずもなく、人材獲得もマーケティングなんだ。
【経済】「働き方」を会社や労働組合で考えてあげないといけないというのは何だかおかしくないか?本来的には労働者一人一人が考えるはずのものが、組織で考えなくてはならないという発想自体に違和感を覚える。
日本人は何でも制度化しないと改革出来ないね。まあこの試みが上手く行って、当たり前になってしまえば良い。
社員間で、時間あたりのアウトプットに差がない、期日管理がきちんとできてるなら、こういう話は大賛成。でも、だいたい、こういう話の裏で別の誰かにフォローを強いてるってのが実態な気がしますが。