新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2018年度の生産能力の増加幅が1~2割と抑え気味。同容量の小型品にカーエレ顧客の需要が移行してくれることを前提にしているが、その成否は海外では不透明。

台湾Yageo(国巨)は同容量の小型品に技術的に移行できないはずだが、その一方で現在の品不足を利用して、顧客と握って固定的な販売拡大を初めて実現する。
車載の方も小型化します。すでに部品不足に悩む自動車メーカー側が村田の要求を飲んで小型MLCCを使った設計に移行しているそうです。そうなれば中国勢は追随など出来ない。製造装置は買えても、材料技術は一朝一夕には開発出来ないからだ。Samsungすら村田には敵わずにずっと2番手に甘んじている
MLCC(積層セラミックコンデンサ、通称セラコン)、タイトな状況。とはいえ、値下がりに慣れている電子部品で値上げという言葉が躍ると、どうにも落ち着かない…
セラコンについて、一般論として村田は装置はかなり内製と言われている。そのなかで原料部分、シート部分、焼成部分など、工程が色々に分かれており、それぞれにノウハウが求められている。また、車載に関しては使用環境が過酷なので、耐久性も特に求められる。作るのも大変だし、作った後に採用されるのも大変というのがリアリティだと思う。ウエハと同じで、結局主要プレイヤーの増産が必要。