新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近フローの仕事(予期せず現れる、小規模ながらもすぐに捌かないといけないタスク)の比率がどんどん高まってきていて、あらかじめ予定を組んでいてもその通りにいかないことが多く、1日のスケジューリングをほぼ諦めています。
計画立ててその通りにこなせたら気持ち良いけど、崩れだすとストレスにしかならない。笑
売れるかどうかは分かりませんが、キングジムさんのアナログとデジタルの融合に対する執念というか、挑戦と、プロダクトファーストな姿勢に企業理念を感じます。

物事のデジタル化が進み、改めてIoTデバイスといったハードウェアに注目が集まる中、アナログファーストでデジタルとの融合を進める企業は少ない。

この会社でものづくりができる人は幸せですね。
かわいらしいのが出てきました。
手書きの楽しみを上手く組み合わせるあたり、さすがキングジム。
(公式Twitterいつも見てます)
冷静に考えると、子供でもこの昔ながらの円形のスケジュールで動く時代ではないかもしれませんが、この円形スケジュールへのノスタルジーや萌えがあるから買ってみたくなる商品だなーと思いました。
すごくアナログ。だけどこういうのは嫌いじゃない、子供には良さそう。
習慣には、報酬が必要なので、予定通りにやったよボタンがあって、その結果によって、行動ごとのプッシュ度合いが変わったりしたらよりよいですね。
割と規則正しく、毎日同じスケジュールで動いている僕ですが、逆にこの時計を見ると気が滅入ってしまいそうな気がします。

ToDoリスト的に見るくらいならいいと思うのですが。
習慣時計かぁ。形成というよりは日々のタスク管理に留まる印象。あえてアプリではなく時計というツールはなんだか納得いく。
株式会社キングジム(英語: King Jim Co., Ltd.)は、主にオフィス、家庭用の文具を製造、販売する日本の会社。本社は東京都千代田区。 ウィキペディア
時価総額
244 億円

業績