新着Pick

ちょっと難しいダンパーの話

Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
<追記>
Mani Gプロからのど真ん中ストレートのサイン。
心してコメント致します。

ショックアブソーバーそのものについて、重要な点2点だけ。

一つは、構造上シャフトがダンパー室(オイル室)に入ってきた分の体積増加分をどこで吸収するかです。これを吸収しないと動きません。
で、その体積増加分を別室で作ってガスか空気で吸収しましょうよ、と。

そういったことから、ショックアブソーバーは必ず2部屋(オイル室、ガス室)持つ構造となりました。

このガス室の配置によって、複筒式と単筒式の二つの方式ができました。構造上の違いは、この記事をご参照ください。

記事内では「単筒式がコスト高いけど最強」、となっていますが、必ずしもそうは言えません。
「単筒式は高圧ガスを封入するため、高圧に耐えうるシーリングが必要。シャフトの漏れ防止シールは硬くなり、ショックアブソーバーそのものの動きのフリクションが増える。つまりは動きが渋くなる。」という特性はデメリットです。

しかし、「渋い」特性が評価されている面も否定できません。
つまり、「動きが渋い→動作初期から足が動かない→硬くてスポーティーな足」と喜ぶユーザーやメーカーも多いのです。

参考までに高級なアルピナってブランドがあり、あそこはビルシュタイン製のダンパーをカスタマイズしたスペシャル品ですが、ベースはビルシュタイン製の複筒式が採用されてるケースが多いです。

(参考:ビルシュタインは単筒式で有名なメーカー。にも関わらずアルピナは複筒式を採用)


二つ目はショックアブソーバー内ピストンのオリフィス(穴)のお話。

キャビテーションの話が記事内にありますが、
キャビテーション発生でまず考えるのは、局部的に流体の流速が限界値になってる、つまり音速に到達してるってことです。(流体の圧力伝搬は音速を超えることはできず、流体の速度は音速が限界です。)

ダンパー径が小さく、減衰力を高くしたい場合、オリフィスは極端に小さくなります。そうすると、音速を超える流速になる可能性があります。で、キャビテーションが発生する、と。

ショックアブソーバー外径が十分大きい(太い)なら、複筒式でもキャビテーション発生は抑えられるかと思います。

千文字・・・
<完>


直球コメントするの難しい、コメント欄ですね。
ショックアブソーバと言えば、ショーワです。